header.png

エンジン02さが

ツタエル、チカラ

 -『知』からチカラ。佐賀の地カラ。-

2014年10月24日[金]・25日[土]・26日[日]

 大会要旨

 「エンジン01文化戦略会議」は、日本の各分野における文化人の英知を結集し、21世紀の日本社会をよりよくするために行動するボランティア団体である(三枝成彰、林真理子氏など約246名)。2003年(平成15年)11月、「エンジン01オープンカレッジさが」(エンジン01文化戦略会議と佐賀新聞社の共催)が佐賀市で開催され、70数人の文化人が佐賀の街を舞台に様々なセッション、シンポジウム、ワークショップ、夜楽などに取り組み高い評価を得た。オープンカレッジの運営形式はこの時に確立し、その後会津、名古屋、高知、浜松などでの開催につながった。オープンカレッジは当初から一過性のイベントに終わらせないために、各地で「エンジン02」といった再度の取り組みを行ってきたが、このたび佐賀県においても「エンジン02さが」を、嬉野市・武雄市・有田町で開催する。日本三大美肌の湯としても知られユニバーサルデザインに取り組む嬉野市、図書館や教育改革などで注目される武雄市、そして2016年に有田焼400年を迎え世界に知られる有田町。観光地としても注目される佐賀県の西部地域の3つの市町を舞台に、エンジン01メンバーによる各ジャンルの高い情報発信力・ソリューションの力を活用して佐賀という地域の問題点、今後の展望を明らかにしていく。

 テーマ 「ツタエル、チカラ~『知』からチカラ。佐賀の地カラ。~」

  • 嬉野の文化と産業、観光の極みを再確認、振興策を考える
  • 出版文化の危機と図書館の進化・変化をどう考えるか
  • ICT時代における伝統と今の情報発信、活字文化と新たな教養主義
  • 日本磁器発祥の地・有田とデザイン、マーケティングの提言

新着ニュース・お知らせ

 嬉野市「キワメルチカラ、ツタエルチカラ」
  • 【24日(金)】
  • <オープニングイベント>(16:00~17:40)
  • テーマ : 「キワメル~スイーツのキワミ、嬉野の地カラ~」
  • 会 場 : 旅館大村屋(嬉野市) [会場アクセス]
  • 出 演 : 鎧塚俊彦、谷口太一郎(嬉野市長)、中尾清一郎(ナビゲーター)
  • 内 容 : 食(スイーツ)を極めたパティシエ鎧塚俊彦氏に、嬉野のスイーツへのアドバイスをいただく。
  • 聴講募集100人 ※応募は締め切りました
  • ■ティーパーティー (17:50~18:20)
     オープニングイベント終了後、講師陣と参加者が交流する。


  • <プレミアムトーク>(16:00~17:30)
  • テーマ : 「恋のチカラ ~すべての女性たちへ~」
  • 会 場 : Cafe&shop KiHaKo「嬉箱」 [会場アクセス]
  • 出 演 : 川島なお美
  • 内 容 : 恋愛に奥手で恋愛力(恋するチカラ)が足りない現代の女性たち。恋愛を通して見る、女性としての生き方とは。女性限定の少人数制にし、恋愛についての著書もあり、数々の講義も行ってきた川島さんの経験や自論を交えながら、女だけの濃密な時間を共有する。
  • 聴講募集40人(女性限定) ※応募は締め切りました


  • 【25日(土)】
  • <講演会>(14:00~15:00)
  • テーマ :「音楽と世界」
  • 会 場 : 県立嬉野高等学校
  • 講 師 : 三枝成彰
  • ※聴講募集はありません。非公開です。


  • <シンポジウム>(17:00~18:30)
  • テーマ : 「キワミをツタエル~うれしの文化 発進!~」
  • 会 場 : 嬉野市社会文化会館リバティ [会場アクセス]
  • 出 演 : 三枝成彰、和田秀樹、中園ミホ、中島庸二副市長
  • 内 容 : 嬉野と言えば温泉やお茶所といったイメージが先行しがちだが、かつて流通の拠点として栄えた塩田津には、歴史的建造物や伝統的職人文化が息づいている。その嬉野の「極み(強み)」を市民と再認識し、更に発展させるための方策や伝え方を、パネリストが討論する。
  • 聴講募集 : 400人 ※応募は締め切りました
 武雄市「本と図書館のコレカラ~ツタエル、ヒロガル」
  • 【25日(土)】
  • <交流会・講演会>(13:30~15:00)
  • 会 場 : 県立武雄高等学校
  • 講 師 : 茂木健一郎
  • ※聴講募集はありません。非公開です。


  • <トークセッション>(16:00~17:30)
  • テーマ : 「本と図書館のコレカラ~ツタエル、ヒロガル」
  • 会 場 : 武雄市図書館 [会場アクセス]
  • 出 演 : 勝間和代、樋渡啓祐(武雄市長)
  • 内 容 : 活字文化を改めて考え、魅力を極めて、さらにどう伝えるのか。図書館や本の物流、販売などを考える。
  • 聴講募集10月5日9時から同図書館で整理券を配布。先着100人 ※配布は終了しました
  • ■ティーパーティー : セッション終了後、講師陣と参加者(市民)が交流する。
  • 会 場 : 武雄市図書館内のスターバックス(※雨天中止)


  • 【26日(日)】
  • <クロージング・トークセッション>(11:30~13:00)
  • テーマ :「ヒットを生み出すチカラ」
  • 会 場 : 武雄市図書館 [会場アクセス]
  • 講 師 : 林真理子、中園ミホ、秋元康
  • 聴講募集100人 ※応募は締め切りました
 有田町「ツタエル、チカラ」
  • 【24日(金)】
  • <特別授業 有田工業デザイン科>(13:00~15:10)
  • 会 場 : 佐賀県立有田工業高等学校(※聴講募集はありません。非公開です)
  • 講 師 : 倉成英俊(佐賀市出身)
  • 内 容 : 有田工業高校デザイン科の学生に特別授業を開く。
  • 配 信 : 当日の様子を下記でご覧いただけます。


  • 【25日(土)】
  • <座談会>(13:00~14:30)
  • テーマ : 「若手で作る、ARITA episode2」
  • 会 場 : 心月庵
  • 出 演 : 倉成英俊(佐賀市出身)
  • 内 容 : 「有田焼」、「有田とデザイン」などをテーマに、倉成英俊氏(クリエイター)と陶芸家や商社、デザイナーなどの若手人材で座談会。
  • ※聴講募集はありません。非公開です。


  • <講演会・トークセッション>(13:00~15:00)
  • テーマ :「町民と語る有田焼400年」
  • 会 場 : 佐賀県立九州陶磁文化館 [会場アクセス]
  • 講 師 : 勝間和代、山口隆敏(有田町長)
  • 内 容 : 山口町長とゲストの勝間氏、そして地域の町民代表の方がトークセッションし、「有田焼400年」に向けての意見交換をする。
  • 聴講募集 : 200人 ※応募は締め切りました


  • <シンポジウム>(17:30~19:00)
  • テーマ : 「器のチカラ」
  • 会 場 : 佐賀県立九州陶磁文化館 [会場アクセス]
  • 出 演 : 茂木健一郎、倉成英俊、山口隆敏(有田町長)、古川康(佐賀県知事)、中尾清一郎(佐賀新聞社社長)、舘林映子(総合司会)
  • 内 容 : 山口町長とゲストの茂木健一郎氏、倉成英俊氏、古川康佐賀県知事らが「器のチカラ」、「有田のチカラ」「デザインのチカラ」をテーマに意見交換・提言などを行う。
  • 聴講募集 : 200人 ※応募は締め切りました
  • ■ティーパーティー
     セッション終了後、講師陣とシンポジウム参加者が交流する。
  • 配 信 : 下記から当日のシンポジウムをご覧いただけます


  • 会場:嬉野市、武雄市、有田町の各会場
  • 主催:エンジン02さが実行委員会
      (嬉野市、武雄市、有田町、佐賀県、佐賀新聞社)
  • 協力:エンジン01文化戦略会議
  • 問い合わせ:エンジン02さが実行委員会事務局(佐賀新聞社内)
  • 電話:0952-28-2162 メール:enjin@saga-s.co.jp