購読申し込みはこちら

メニュー

佐賀善意銀行 事務局

〒 840-8585

佐賀市天神3-2-23(佐賀新聞社内)

TEL 0952-28-2153
FAX 0952-29-4709

コンタクト / ポリシー

佐賀善意銀行 奨学金

 佐賀善意銀行は昭和63年に「佐賀善意銀行・交通遺児奨学金」制度を発足させ、県内の高等学校で勉学する交通遺児たちに暖かい援助の手をさしのべてきました。また、同様に小学生や中学生を対象とした制度も設立し、一人でも多くの交通遺児たちの向学意欲を支えたいと考えています。

平成29年度 奨学金贈呈について

 

 平成29年度もこれまで同様、交通遺児及び著しい後遺障害で働けない保護者の児童・生徒を募集します。

 必要書類をダウンロードし記入の上、所属校にご提出ください。 

 

応募できる人

 平成29年度に小学校・中学校・高等学校に在学している児童、生徒で保護者が交通事故で死亡したり、著しい後遺障害で働けない状況であること。

 

 ※著しい後遺障害とは、自動車損害賠償保障法施行令別表第1及び別表第2の第1級から第3級までに該当するもの。

 ※他の奨学金と併用できます。

 ※弊行の奨学金制度の重複利用はできません。

 

応募期間と採用決定

 受付期間 

     前期:平成29年4月3日(月)から平成29年9月29日(金)まで

     後期:平成29年10月2日(月)から平成30年1月31日(水)まで

     在学校に提出して下さい。

 

 決定通知

  書類内容を審査し、決定の有無を各学校並びに各個人宛に郵送します。

  

採用人数

  小学生 、中学生、高校生それぞれ10名程度を予定しています。

 

※お預かりしました個人情報は適切に管理し、本制度の確認、連絡のみに利用します。

 

奨学金の額と贈呈方法

 奨学金金額

  小学生…10万円(籏嵜・石丸奨学金)

  中学生…10万円(田口奨学金)

  高校生…10万円

 

  贈呈方法

  贈呈式を行い、その席で現金支給とします。

  贈呈式の日時等に関しては、受給者に改めてご連絡差し上げます。

 

提出書類

 次の書類を在学する学校へ提出して下さい。

  ○奨学金願書(弊行規定のもの)

  〔以下、後遺障害の場合に添付する資料〕

  ○障害手帳のコピー

  ○後遺障害に関する証明書(弊行規定のもの)

    ※自動車損害補償保険金を取り扱った保険会社、または共済金を取り扱った農協で

              証明してもらって下さい。

    ※保険会社または農協で証明が受けられない場合は、交通事故による症状が

      詳しく記載してある病院の診断書を提出して下さい。

 

 

 提出書類のダウンロードはこちらからできます

     募集要項

     願書

     後遺障害証明

 

    

 

 

 問い合わせ先

  佐賀市天神3-2-23 佐賀新聞社内

  佐賀善意銀行

  tel:0952-28-2153

石丸・籏嵜奨学金(小学生対象)

▽趣旨    佐賀市内の赤松小・勧興小・嘉瀬小などの各小学校で35年間に渡って教壇に立た

         れた故籏嵜華枝さんと高校教師として約30年その後幼稚園理事長として活躍され

         た石丸正光さんの意志により贈呈された基金。

▽発足    平成4年10月3日

▽給付条件 県内に居住していて、県内の小学校に在学している交通遺児並びに著しい後遺障 

         害で働くことができない保護者を有する家庭。

▽給付内容 年間に10名、10万円を給付。

         一人一回の給付で、返還の必要はありません。

 

詳細はこちら


 

田口奨学金(中学生対象)

▽趣旨    県内の高校で教壇に立たれた女性の意志により贈呈された基金。

▽発足    平成19年9月18日

▽給付条件 県内に居住して、県内の中学校に在学している交通遺児並びに著しい後遺障害で    

         働くことができな保護者を有する家庭。

▽給付内容 年間10名、10万円を給付。

         一人一回の給付で、返還の必要はありません。

詳細はこちら


 

交通遺児奨学金(高校生対象)

▽発足    昭和63年

▽給付条件 県内に居住していて、高等学校に在学する交通遺児並びに著しい後遺障害で働く

         ことができな保護者を有する家庭。

▽給付内容 年間に10名、10万円を給付。

         一人一回の給付で、返還の必要はありません。

詳細はこちら