購読申し込みはこちら

メニュー

この時間のニュース

日欧EPA対策を決定
政府、半島有事で邦人退避計画策定へ
北朝鮮船が漂着か、秋田で8人保護
ボーイングとエアバスが影響調査
ロヒンギャ難民2カ月以内に帰還開始
暴行問題、鶴竜と照ノ富士を事情聴取
日本のイワシクジラ捕獲が議題に
千葉県職員ら3人逮捕、入札不正
北朝鮮、国連との対話要求
ロンドン円2カ月ぶり高値

コンタクト / ポリシー

社員採用のご案内

一緒に働きませんか?

佐賀新聞社

 佐賀新聞社は、1884(明治17)年創刊の歴史ある新聞社です。佐賀県内最大の発行部数を誇り、130年以上にわたって正確できめ細やかな情報を提供し続け、オピニオンリーダーとして県民・地域の信頼を得てきました。

 

 一方で先進性とチャレンジ精神にも富み、1996年、地方紙では初のインターネットプロバイダー事業を開始。2003年には暮らしに役立つ情報を満載した生活情報紙「fit」を創刊。読者宅へ月2回、無料でお届けしています。2006年からは新聞紙面とインターネットなどをつなぐクロスメディアに本格的に乗り出し、一般紙では初となる無料会員制SNS「ひびのコミュニティ」を開設、ニュースサイトや生活情報サイトを含めた「佐賀のポータルサイト」を充実させています。

 

 2008年8月からは、県内CATV局で映像ニュース「佐賀新聞テレビ夕刊」の放映を始めました。また、大手動画サイトと積極的に業務提携し、同年10月には報道機関では初めてとなるニコニコ動画公式チャンネル、2009年5月には地方紙初のYouTube公式チャンネルを設けました。そして、2011年3月には九州初となる最新鋭の高速輪転機に更新し、2013年8月には「電子新聞」の発行を始めるなど、暮らしに役立つ新鮮なニュースをお届けするための努力を続けています。

 

 このように、近年では新聞発行のみならず、ウェブ、映像、動画ニュースへも展開。ジャーナリズム精神に裏打ちされた上でインターネット時代に即応し、クロスメディアでの情報発信と、新聞読者・ネットユーザーとの双方向コミュニケーションによるソーシャルメディアも取り入れた“次世代メディア企業”を目指し、日々前進しています。

 

 そんな私たちが求める人材は、真摯で正義感が強く、好奇心旺盛で、社会や時代の動きに敏感に反応できる人。さらに佐賀・地方に愛着を抱く一方、会社だけではなく地域の発展にも情熱を注げる人です。時代の先端を行くわが社で、自らの人間性とスキルを高め、夢を実現させませんか。あなたの応募をお待ちしています。