タイトル

  • ニュース
  • 記録
  • 映像
  • チーム紹介
  • コース
  • コミュニティ
  • 応援メッセージ
  • 大会要項
  • 大会運営車

号外

大会期間中、前半・後半のゴール地点で発行した号外です。PDFにて配布しています。

関連リンク

スポーツニュース

W杯日本代表、4―5―1で実戦練習
W杯、32チームの代表出そろう
全仏テニス、デルポトロ6年ぶり8強
フィギュアの年齢制限引き上げ検討外
エンゼルス大谷が先発に備え投球練習
テニス、女子の内藤が3回戦へ
テニス、穂積・二宮組が8強入り
大リーグ、ケンプら週間MVP
球宴ファン投票、松坂セ先発でトップ
東京五輪の「金」30個目標

この時間のニュース

神戸製鋼東京本社を家宅捜索
グアテマラ噴火死者65人に
訪日客効果、各地に波及と強調
文科省、大学入試解答を「原則公表」
W杯日本代表、4―5―1で実戦練習
森友問題、大学教授らも検審申し立て
村上春樹さん8月5日にラジオ初出演
野党、佐川氏の任命責任を追及
森友問題で佐川氏停職、20人処分
乳がん早期患者の7割、抗がん剤不要

大会情報

佐賀市が2年ぶりV 2位は唐津・玄海

写真 第52回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)最終日は19日、唐津市役所前から佐賀新聞社前ゴールまでの10区間、76・2キロで競い、3日連続の日間賞を獲得した佐賀市が、累計11時間31分58秒で2年ぶり41度目の優勝を飾った。2位は10分45秒差で唐津・玄海、昨年初優勝した小城市は3位で、4位伊万里市、5位鳥栖市と続いた。

 

 前日まで唐津・玄海に7分31秒差をつけた佐賀市は、スタートの24区(14・4キロ)で田中健人選手が2位に1分17秒差をつける快走でリードを広げた。その後も安定したレースを見せ、最終33区(7・4キロ)は鬼塚智徳選手が区間新の走りで、トップでゴールテープを切った。

 

 最優秀選手には第1日の2区(12キロ)と24区で区間賞を獲得した田中選手が輝いた。

 

 閉会式では、佐賀陸上競技協会の緒方文江名誉会長や佐賀新聞社の中尾清一郎社長が3日間を走り抜いた13チームの健闘をたたえた。

 

【写真】優勝のゴールテープを切る佐賀市の最終走者・鬼塚智徳=佐賀新聞社前

累計記録(大会最終)

順位 チーム 累計 上位との差
1 佐 賀 11:31:58
2 唐津・玄海 11:42:43 10:45
3 小 城 11:48:45 06:02
4 伊万里 11:53:24 04:39
5 鳥 栖 11:57:05 03:41
6 武 雄 12:04:52 07:47
7 神埼・吉野ヶ里 12:10:00 05:08
8 嬉野・太良 12:13:21 03:21
9 杵 島 12:17:17 03:56
10 三養基 12:33:34 16:17
11 多 久 12:53:48 20:14
12 鹿 島 13:10:04 16:16
13 西松浦 13:23:05 13:01

チーム、選手への応援メッセージ

お礼

 第52回郡市対抗県内一周駅伝大会は19日に終了いたしました。大会2日目の18日は降雪のため、前半のレースを中止しました。沿道で観戦を楽しみにされていた皆様や関係各位にご迷惑をおかけしました。運営にご協力いただいた佐賀県警、陸上自衛隊久留米駐屯地、日赤佐賀県支部など多くの皆様に深く感謝いたします。また、ご声援をいただいた県民の方々に心よりお礼申し上げます。

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd