号外

大会期間中、前半・後半のゴール地点で発行した号外です。PDFにて配布しています。

関連リンク

スポーツニュース

五輪、女子「2人目」は坂本香織
有馬記念はキタサンブラックが優勝
高校駅伝、佐久長聖と仙台育英が優勝
世界卓球、14歳の張本が代表入り
皇后杯サッカー、日テレ3大会ぶりV
全日本バレー、パナとトヨタ車体がV
フィギュア女子は15歳ザギトワ初V
ラグビーTL、トヨタ自動車4強入り
東京五輪パラに顔認証、初の導入
全国高校バスケ、桜花など3回戦へ

この時間のニュース

北日本と北陸、猛吹雪の恐れ
幻想的な光、東京駅包む
北朝鮮、安保理決議は「戦争行為」
規制委が福島同型原発の審査体制強化
五輪、女子「2人目」は坂本香織
有馬記念はキタサンブラックが優勝
電子レンジでプラチナ回収
岡田准一さんと宮崎あおいさんが結婚
少女画、芸術かわいせつか論議
フィリピンの台風死者200人に

大会要項

主催

佐賀新聞社、佐賀陸上競技協会

 

後援

佐賀県、佐賀県教育委員会、(財)佐賀県体育協会、県市長会、県町村会、20市町教育委員会、県商工会議所連合会、県商工会連合会、NHK佐賀放送局、STSサガテレビ、NBCラジオ佐賀、エフエム佐賀、佐賀シティビジョン、唐津ケーブルテレビジョン、有田ケーブルネットワーク、伊万里ケーブルテレビジョン、ケーブルワン、多久ケーブルメディア、ネットフォー、西海テレビ、ネット鹿島、はっぴとすビジョン、藤津ケーブルビジョン、テレビ九州

 

特別協賛

ネッツトヨタ佐賀株式会社  ネッツトヨタ佐賀株式会社

 

協力

佐賀県警察本部、関係各警察署、陸上自衛隊久留米駐屯地、自衛隊佐賀地方協力本部、日赤佐賀県支部

 

期日

平成24年2月17日(金) 18日(土) 19日(日)

 

距離

全33区間 269.9km

 

競技規定

  1. 10市6郡、計13チームで行う。
  2. 規約は本大会の規則及び日本陸上競技連盟規則に準じて行う。
  3. 一般男子の出走回数は最高2回とし、1日1回とする。
  4. 女子の出走は、第2日目18区・22区、第3日目31区、32区とする。
  5. 中学男子の出走は、第2日目19区・20区・21区とする。
  6. 高校男子の出走は、第3日目、最終区を除く10キロ以下の4区間とする。
  7. 選手はコースの左側を走ること。(特別の指示がある場合を除く)
  8. 選手は、胸と背に郡市名及び氏名を書いたナンバーカードを必ずつけること。(ナンバーカードは本部から事前に送る)
  9. 競技中選手は必ずタスキを肩から脇下にかけること。
  10. 選手、監督、コーチは大会前日までに佐賀陸上競技協会へ登録を完了すること。
  11. レース途中で選手に故障が生じた場合は、審判長がその状況を判断して中止を命じる。当該チームはその区間最下位チームの記録に5分を加算する。次走者は最下位のチームと同時にスタートする。
  12. 大会は雨天決行とする。

 

参加資格

  1. 選手は佐賀陸上競技協会に登録されていること。
  2. 選手は佐賀県内に3ヶ月以上在住、又は勤務するものとする。
  3. 県外在住のもので勤務地から出場する場合は3ヶ月以上の勤務を必要とする。
  4. 出場は現住所から出場することを原則とする。(但し、監督間の話し合いにより勤務地[3ヶ月以上]から出場する場合は、現住所の監督の承諾書を提出すること)
  5. 大会前3ヶ月以内に住所を変更の場合は、変更以前の居住地からの出場とする。
  6. 大学生の出場は、(1)県内大学への在学生(2)九州管内(山口県を含む)の大学生(3)その他の地域の大学生(男子2人、女子1人まで)。((2)(3)とも県出身者で親権者が県内居住の者)
  7. 高校生で出場の場合は、佐賀県高等学校体育連盟に加入している生徒で県内に居住している者とする。なお、所属するチームは出身中学校、または親権者の居住地とする。但し、県外出身者については学校所在地とする。
  8. 中学生で出場の場合は、佐賀県中学校体育連盟に加入している生徒で、所属するチームは、親権者の居住地とする。但し、県外出身者は学校所在地とする。
  9.  外国籍の選手の出場は、男女各1人とする。
  10. 社会人の選手は現住所、または勤務地を証明できる物(運転免許証、社員証など)、 大学生の選手は学生証のコピー1部を個人申込書に添えること。

 

チーム編成

  1. チームは郡市単位で構成すること。
  2. チーム編成は、監督1、コーチ4人以内、選手30人、計35人以内とする。(但し、男子高校生及び女子は5人以内、男子中学生は4人以内とする)

 

表彰

  1. 3日間の所要合計時間の最も少ないチームを表彰する。
    (イ)優勝チームには賞状及び優勝旗を授与する。
    (ロ)前年度優勝チームには開会式の際レプリカを授与する。
    (ハ)準優勝から5位までには賞状及びトロフィーを授与する。
    (ニ)時間短縮による躍進チームには躍進賞を授与する。
    (ホ)順位向上による敢闘チームには敢闘賞を授与する。(躍進・敢闘両賞は優勝チームを除外し、躍進賞を優先する)
  2. 1日の所要時間の最も少ないチームに日間賞を授与する。
  3. 区間1位には区間賞を授与する。新記録の場合は、別に区間新記録賞を授与する。
  4. 5年連続出場者には表彰状を、10年、15年、20年、25年、30年、35年連続出場者にはそれぞれ表彰状と記念品を授与する。
  5. 本大会で最も優秀な成績をあげた選手には最優秀選手賞を贈る。
  6. 本大会で優秀な成績をあげた選手には優秀選手賞を贈る。
  7. 本大会初参加の優秀な選手には新人選手賞を贈る。(最優秀選手賞、優秀選手賞と新人賞は重複して贈らない)
  8. 本大会で、中学男子、高校男子、女子それぞれの部で優秀な成績をあげた選手には、特別協賛社より賞を贈る。

 

車両関係

  1. 監察車は1チーム2台とし「チーム名A、B」とする。(例=「佐賀市A」「佐賀市B」)
  2. 監察車(A、Bとも)のサイズは、車高1.7メートル以内とする。
  3. 監察車は規定の旗を取り付けること。
  4. 監察車は選手の後方を走ること。選手の横に付くことは認めない。
  5. 監察車は中継点・ゴールで止まらないこと。
  6. 氷雪の場合を考慮して、スノータイヤまたはチェーンを用意すること。
  7. 選手収容車、救急車は本部で準備する。バス、列車利用以外の選手(付添い人を含む)は原則として全員収容車に乗ること。

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd