images
ランキング一覧 動画 年間アクセスランク

 

県内10大ニュース決定

image 佐賀新聞の読者が選ぶ2013年県内10大ニュースが決まった。1位には、環太平洋連携協定(TPP)やコメの生産調整(減反)廃止など、今後の農業に大きな影響を及ぼすニュースが選ばれた。このほか、玄海原発停止2年、諫早湾干拓開門調査問題の混迷など、国の方針、政策と関わる話題が目立った。
 スポーツ関連では、サッカーJ1残留を決めたサガン鳥栖が2位、今年からフルマラソンになった桜マラソンが6位に入った。3位に入った武雄市図書館の民間委託は、自治体図書館の新たな挑戦として全国的な注目を集めた。

県内10大ニュース候補一覧

・武雄市図書館を「ツタヤ」に委託
・桜マラソン、フルマラソンに
・いじめ、体罰 学校現場に動揺
・新好生館、佐賀ハイマットが開院
・人間国宝の14代酒井田柿右衛門さん死去
・衆院定数「0増5減」 佐賀は3から2
・参院選 自民が議席奪還
・佐賀など北部九州4県で全国総体開催
・有田工 創部114年で初の甲子園
・リニアコライダー 脊振誘致ならず
・紫村、前田、廣瀬 世界陸上出場
・三重津海軍所跡 世界遺産に推薦
・佐賀にわかの筑紫美主子さん死去
・佐賀、唐津、小城、多久 4市長選で現職再選
・サガン鳥栖J1残留
・諫早湾干拓開門 混迷深まる
・声楽家の栗林義信さん 芸術院会員に
・佐賀空港ソウル便 12月就航
・玄海原発停止2年 規制委は安全審査
・TPP、減反廃止 県内農家に不安広がる

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd