佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
地域SNSの方向性探る 全国フォーラム佐賀で開幕
【写真】地域SNSの今後の可能性を探ろうと、県内外から約200人が参加して始まった全国フォーラム。全体会で意見を交わすパネリスト=佐賀市の県立美術館ホール

 インターネットを使った新しい地域メディアの可能性を探る「第3回地域SNS全国フォーラムin佐賀」(佐賀県、佐賀新聞社などでつくる実行委員会主催)が17日、佐賀市の県立美術館ホールを主会場に2日間の日程で始まった。全国から約200人が参加。初日は全体会と3つの分科会に分かれ、地域SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の意義や方向性について意見を交わした。

 全体会では県最高情報統括監の川島宏一氏を司会に、博報堂DYメディアパートナーズの上路健介氏、国際大学グローバルコミュニケーションセンター研究員の鈴木謙介氏、ブロガーでネット事情に詳しい藤代裕之氏が討論した。

 3氏は「人と人のつながりを開拓し、これまでの絆(きずな)を強めていく」という地域SNSの意義を再確認する一方、ネット上にどこまで個人情報を出すかといった「距離感」の問題点を提起。解決のためには地域SNSの目的を明確にし、オープン性を確保することが大切とした。また、現実的な“特典”を提供することで今後の可能性が広がると強調した。

 分科会は「地域SNSの可能性」「協働」「家庭教育支援」の3テーマで討論。大学生が運営に参画する地域SNSの取り組みなどが紹介され、参加者も今後の目標などを熱心に質問した。

 同フォーラムの地方での開催は初めて。開会に先立ち、古川康知事が「このフォーラムを契機に、各地の地域SNSが活性化することを期待している」とあいさつした。最終日の18日は県立美術館ホールで午前10時から、SNS運営者と利用者による討論がある。

【写真】地域SNSの今後の可能性を探ろうと、県内外から約200人が参加して始まった全国フォーラム。全体会で意見を交わすパネリスト=佐賀市の県立美術館ホール

フォーラムの公式サイトは http://www.3rdsnsforum.com/
2008年10月18日更新

この時間のニュース
北朝鮮、新型SLBMを開発か
大阪の停電、復旧に11時間
東電、原発汚染水の処分策示さず
日中正常化の式典、10年ぶり開催へ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
自立支援介護、成果事業所は報酬増へ
重力波、ブラックホール同士の合体で
米スペースXの宇宙服はすっきり
米海軍、第7艦隊司令官を解任
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
この時間のスポーツ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
ルーニーがイングランド代表から引退
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
ソ9―0西、ソフトB今季初の7連勝
ヤ4―7神、阪神が3発で快勝
夏巡業、4横綱が初のそろい踏み
川崎が浦和に先勝、ACL準々決勝
サッカー、本田がデビュー戦で得点
ロ5―3楽、ロッテが連敗止める
中4―1巨、中日が6連敗で止める

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd