佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀大非常勤職員 3年雇用制全廃へ

 佐賀大学(長谷川照学長)は非常勤職員の待遇改善策として新年度から、3年までとしてきた契約期間の上限を全廃する方針を決めた。非正規労働者の雇い止めが社会問題化し、財務状況の厳しさから契約を更新しない大学も増えているが、佐賀大は「人材活用を優先したい」として一律的な3年雇用をやめる。全廃は九州・沖縄の国立大学法人では初めてという。

 同大人事課によると、職員約2250人のうち、非常勤や医療系契約職員は約390人。2004年の法人化で契約期間上限を3年としたが、薬剤師や診療放射線技師など専門性が高く、有資格者の補充が難しいケースは特例的に延長してきた。

 そうしたコメディカル分野に限らず、事務・技術系の人材も確保する狙いがあり、就業規則を見直す。各職場の雇用計画で柔軟に期間を設定。毎年の契約更新は必要だが、上限は撤廃するため、5年にわたるプロジェクト型研究での雇用継続も可能になる。

 非常勤職員の労働条件をめぐっては、佐賀大教職員組合も待遇改善を求めてきた。

 全国の国立大学法人には、国からの運営費交付金の年1%削減に加え、総人件費の削減が課せられている。その中で非常勤職員を多く採用し、契約期間の上限延長や撤廃を検討・実施する大学がある一方、緊縮財政で雇い止めを計画する大学も出るなど、対応が分かれている。

2009年02月17日更新

この時間のニュース
米軍ヘリが普天間第二小の上空飛行
米、北朝鮮に「過去最大の制裁」
北海道、96年度まで強制不妊目標
2020年代前半に無人タクシー
厚労省が裁量労働制の調査原票提出
カーリング女子は韓国に惜敗、3決へ
与党内に裁量制切り離し論浮上
九電、玄海3号機来月下旬再稼働へ
宇部興産の千葉工場、製品検査で不正
イバンカ氏「最大限の圧力」再確認
この時間のスポーツ
カーリング女子は韓国に惜敗、3決へ
J1、鳥栖―神戸でシーズン開幕
スピード男子千で小田卓朗5位
平昌冬季五輪、25日閉幕
スキー複合、骨折の渡部暁W杯出場へ
プロ野球オープン戦、24日スタート
東京マラソン、キプサング連覇狙う
大リーグの大谷選手、25日に初登板
フリースタイル梅原は1回戦敗退
Sラグビー・サンウルブズ24日初戦

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd