佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
SNSフォーラムin宇治 本社「ひびの」も事例発表
写真
 インターネットの新しいコミュニケーションツールの活用策を考える「地域SNS全国フォーラムin宇治」が7日、京都府宇治市の京都文教大学で始まった。昨年10月の佐賀大会に続き4回目。全国から集まった約500人がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を介した行政参加や地域産業の振興などのテーマのシンポジウムなどに耳を傾け、分科会では本社SNS「ひびの」の事例報告も行った。

 開会講演でIT(情報技術)を活用した行政への住民参画を進める兵庫県の牧慎太郎企画県民部長が「現実同様、人と人が信頼関係でつながることが地域SNSの強み」と話し、「住んでいる町を良くしたいと思う人を発掘し、地域社会への参加を促すためにSNSを活用しよう」と提案した。

 「地域で取り組むエコな話」をテーマとする分科会では、佐賀新聞社が運営する「ひびの」の事務局担当者が、会員の一人が始めた「段ボールコンポスト」が話題になり、新聞で紹介することで地域社会に広がった事例を報告。「地球温暖化防止も家庭が原点。マスメディアが生活者の視点で問題をすくい上げ、社会に提起し、一緒に解決法を考えていくツールとしてSNSの可能性を感じている」と語った。

 他の分科会では、カーナビゲーションと連動した観光情報の発信や他の地域SNSとの交流で特産品の販路を広げるなどの先進的な取り組みも紹介された。8日は宇治市生涯学習センターで市民交流イベントが開かれる。

【写真】約500人が参加した地域SNS全国フォーラムin宇治

2009年03月07日更新

この時間のニュース
北朝鮮、新型SLBMを開発か
大阪の停電、復旧に11時間
東電、原発汚染水の処分策示さず
日中正常化の式典、10年ぶり開催へ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
自立支援介護、成果事業所は報酬増へ
重力波、ブラックホール同士の合体で
米スペースXの宇宙服はすっきり
米海軍、第7艦隊司令官を解任
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
この時間のスポーツ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
ルーニーがイングランド代表から引退
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
ソ9―0西、ソフトB今季初の7連勝
ヤ4―7神、阪神が3発で快勝
夏巡業、4横綱が初のそろい踏み
川崎が浦和に先勝、ACL準々決勝
サッカー、本田がデビュー戦で得点
ロ5―3楽、ロッテが連敗止める
中4―1巨、中日が6連敗で止める

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd