佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
天然記念物「えひめあやめまつり」始まる
【写真】雨にぬれた鮮やかな紫色の花を楽しめるエヒメアヤメ=佐賀市の帯隈山

 エヒメアヤメの自生地として国の天然記念物に指定されている佐賀市久保泉町の帯隈山を一般公開する「えひめあやめまつり」が4日、始まった。初日は雨で一部のイベントが中止になったものの、かれんな紫色の花が鮮やかさを増し、訪れた人を楽しませていた。12日まで。

 エヒメアヤメは大陸系の植物で、和名は「誰故草(たれゆえそう)」。花の高さは7センチほどで、上品な紫色の花をつける。1925(大正14年)に国の天然記念物に指定された。

 帯隈山では、地域の住民が協力して下草刈りなどに取り組み、現在は約百株が自生している。まつりでは、ボランティアガイドによる解説などがあり、この日は、周辺の史跡などをまわるイベントを企画していたが、雨のため中止になった。

 主催の「久保泉町天然記念物えひめあやめ自生南限地帯自然環境保全会」の大坪直樹会長は「ウグイスの鳴き声が響く里山の雰囲気とともに、住民が守り続けてきた希少植物を楽しんでもらいたい」と話している。一般公開は午前9時半から午後4時まで。問い合わせは久保泉公民館、電話0952(98)0001。

【写真】雨にぬれた鮮やかな紫色の花を楽しめるエヒメアヤメ=佐賀市の帯隈山

2009年04月04日更新

この時間のニュース
上級顧問、ロシアに秘密通信回線打診
G7、首脳宣言調整を続行
那須雪崩、危険感じ訓練中止を検討
米WD、東芝半導体で譲歩
アルファ碁、世界最強棋士に3局全勝
南スーダンPKO部隊の帰国完了
男子バドミントン桃田選手が試合復帰
沖縄、埋め立て1カ月で抗議集会
ブレジンスキー元補佐官が死去
泉谷さんら、ロックフェスで熊本応援
この時間のスポーツ
男子バドミントン桃田選手が試合復帰
ゴルフC・キム首位、宮本5位
女子ゴルフ、全美貞らが首位
ロ2―1オ、ロッテが今季初の3連勝
中4―2ヤ、中日が逆転勝ちで5位へ
楽6―1西、楽天が四回一挙6点
J1、柏が7連勝で首位
神9―2D、阪神・糸井が4打点
優作選手「決断を後押し」
池田勇太、33位で予選通過

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd