佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
新型インフル 県教委が学校の対応計画策定
【写真】県教委がまとめた新型インフルエンザ対応行動計画。児童生徒への啓発資料も添えている

 世界的な流行が懸念されている新型インフルエンザについて、佐賀県教委は教育委員会と県立学校の行動対応計画を作成した。隣県発生など流行段階ごとに休校や施設使用禁止、自宅学習教材の配布などの対応をまとめる一方、児童生徒への新型インフルエンザに関する注意、啓発資料も準備した。市町教委にも配布し、各教委、学校ごとの計画作成を呼びかける。

 1月下旬に県がまとめた行動対応計画第3版を参考に教育現場での対応指針を検討。教育委員会版と学校版の2種類の計画を取りまとめた。

 教育委員会版では、流行段階ごとに学校への指導方針を定めている。海外発生時に教育長をトップとする対策本部を設置、隣県発生時に一斉休校や部活動を禁止などを規定している。社会教育、文化、体育施設の休館などは、隣県発生時は臨時休館する。

 学校版では、児童生徒への新型インフルエンザ教育など事前準備から、休校時の自宅学習用ドリル・プリントの作成、健康状態把握、学校再開決定の手順まで、対応指針を具体的に規定。児童生徒用の啓発資料や自宅学習に使えるインターネットの教育サイト一覧、臨時休校、自宅待機時の業務体制や業務計画モデルなどの資料も添えている。

 県教委では「校長会などで個別計画の策定を働きかけて、随時策定状況を照会するなどして促していきたい」としている。

【写真】県教委がまとめた新型インフルエンザ対応行動計画。児童生徒への啓発資料も添えている

2009年04月08日更新

この時間のニュース
上級顧問、ロシアに秘密通信回線打診
G7、首脳宣言調整を続行
那須雪崩、危険感じ訓練中止を検討
米WD、東芝半導体で譲歩
アルファ碁、世界最強棋士に3局全勝
南スーダンPKO部隊の帰国完了
男子バドミントン桃田選手が試合復帰
沖縄、埋め立て1カ月で抗議集会
ブレジンスキー元補佐官が死去
泉谷さんら、ロックフェスで熊本応援
この時間のスポーツ
男子バドミントン桃田選手が試合復帰
ゴルフC・キム首位、宮本5位
女子ゴルフ、全美貞らが首位
ロ2―1オ、ロッテが今季初の3連勝
中4―2ヤ、中日が逆転勝ちで5位へ
楽6―1西、楽天が四回一挙6点
J1、柏が7連勝で首位
神9―2D、阪神・糸井が4打点
優作選手「決断を後押し」
池田勇太、33位で予選通過

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd