佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
小城市職員が難関「技術士」合格 県内市町で初
県内の市町職員としては初めて技術士の資格を取得した、小城市役所の大坪大介さん 
 小城市職員の大坪大介さん(35)が、県内の市町職員としては初めて国家資格の「技術士」に合格した。合格率十数%の難関で、大坪さんは5度目の挑戦で突破。「市民に信頼される技術者になりたい」と、業務にさらなる情熱を燃やしている。

 技術士とは「技術士法」に基づく国家資格で、「機械」「建設」など21部門。下水道課に勤務する大坪さんは「上下水道部門」を受験、3月に合格通知が届いた。

 資格の取得には4~7年の実務経験が必要となるため、さまざまな部署に異動する自治体職員には取得が難しい。日本技術士会佐賀地区代表幹事の宮副一之さんは「業界関係者が目標とする資格」とし、大坪さんの努力をたたえる。

 大坪さんは「下水道事業には多額の税金を投入する。1円も無駄にしないため、常に最良の判断ができるよう技量を高めたい」と資格取得を決めた。受験勉強は平日1~2時間、休日は5~6時間を費やした。

 「家族、特に妻には迷惑をかけた。これからは、家族サービスをする時間が十分に取れるかな」と笑う。目標は「父たちが泳いだようなふるさとの川の再生」。“ホタルの里”小城を、「もっと美しいまちに」と思い描く。

【写真】県内の市町職員としては初めて技術士の資格を取得した、小城市役所の大坪大介さん

2009年06月14日更新

この時間のニュース
首相、加計問題で政治的圧力を否定
前川氏、「総理の意向」は真実
首相、こども保険の検討加速指示
対北圧力、中国外交トップに要請へ
「女性宮家」付帯決議案に明記
福岡の金塊窃盗、2容疑者逮捕
「ななつ星」来春に経路変更へ
横審、稀勢の里に休場勧める意見
「共謀罪」首相が国連報告者批判
将棋連盟に初の女性常務理事
この時間のスポーツ
横審、稀勢の里に休場勧める意見
全仏テニス、杉田フルセットで惜敗
全日本プロ、スプリントは渡辺が優勝
女子ゴルフの宮里藍が引退会見
全仏テニス、錦織が初戦へ実戦練習
ラグビー、リーチが日本代表復帰
プロ野球セ・パ交流戦、30日に開幕
U―20日本、30日に決勝T1回戦
野球代表、橘田氏が初の女性監督に
サッカー川崎、鹿島が30日に第2戦

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd