佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
布製絵本で“布芝居” 命の大切さ訴える
【写真】布製の絵本を使って読み聞かせをする川原陽子さん=嬉野市の轟小

 嬉野市の轟小学校(西村貞美校長、255人)で、布の絵本を使った読み聞かせが行われている。朗読グループ「お話応援団」の一員で、元保育士の川原陽子さん(同市)が制作。心温まる“布芝居”を通して、子どもに本と触れ合う楽しさと命の大切さを伝えている。

 お話応援団は婦人会やPTAなど約20人のメンバーで構成、週1回同校の児童に本の読み聞かせをしている。川原さんは絵本「いのちのまつり」を布芝居にしようと、白い布にフェルトで作った登場人物の顔や服、物語の背景を張り付けるなどして、10カ月かけて12枚を作り、これを縦45センチ、横60センチの板に張ってパネルに仕上げた。

 いのちのまつりは主人公の少年が、自分の命は両親や祖父母、先祖から連綿と受け継がれていることに気付くというストーリー。3年生40人の鑑賞会では、かわいらしいパネルに引きつけられて川原さんの優しい語り口に聴き入り、物語の世界に浸った。

 終了後には「命のつながりが良く分かりました」とお礼の言葉を述べた。川原さんは「難しい手芸に挑戦できる布芝居は作りがいもある。多くの子どもたちに見せて命の大切さを伝えたい」と話す。

【写真】布製の絵本を使って読み聞かせをする川原陽子さん=嬉野市の轟小

2009年06月17日更新

この時間のニュース
大災害時、全国8千カ所に拠点給油所
文化庁の京都先行移転を提示
全日空のB787に不具合、一部改修
日本の自然災害リスク17位
教職員、10年で3万人増へ
サッカー、五輪の浅野や大島ら24人
イタリア地震、死者247人に
航空大訓練機が胴体着陸、仙台空港
大宰府の建物跡、菅原道真の官舎か
河川敷遺体、任意聴取に「暴行した」
この時間のスポーツ
伊調馨選手に国民栄誉賞検討
巨4―6広、広島がに逆転
ロ1―4日、増井がプロ初完投
男子ゴルフ、石川遼ら8人が首位
女子ゴルフ、ベテランの表が首位発進
サッカー、五輪の浅野や大島ら24人
リオ五輪選手団が解団式
ヤンキースの田中が11勝目
ダルビッシュ勝敗付かず、初HRも
北京五輪メダリスト16人薬物違反

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd