佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
鮮烈な色彩・古墳シリーズ 築山節生遺作展
【写真】装飾古墳をテーマにした大胆な色使いの作品などが並ぶ「築山節生の世界展」=唐津市近代図書館美術ホール
 唐津市出身の画家、築山節生の作品展が唐津市近代図書館で開かれている。装飾古墳をテーマにした鮮烈な色彩の油絵など約40点を展示。大半が地元で初公開の作品、地元でほとんど知られていない画家の画業に光を当てている。

 築山は1906(明治39)年、唐津市生大石町生まれ。教職に就いて全国を転々とし、最後は福岡教育大教授。二紀会の審査にあたる委員も務め、1986年に79歳で亡くなった。一時佐賀大でも教え、墓は唐津市にある。

 今回、飯塚市に住む遺族の協力を得て、初期の作品から晩年のものまで本人の作品を一堂に集めた。晩年、装飾古墳に感銘して描いた「古墳シリーズ」が代表作で、80号の大作など4点が正面を飾る。絵の具を分厚く塗り、黒や赤など原色を大胆に使い、太古のエネルギーを感じさせる。

 ほかにも、ロマンチックな人形シリーズ、たくましい農村の女性のスケッチ、唐津や霧島など景勝地の風景を味わい深く描いた水彩画と幅広い作品が並ぶ。松谷由香里学芸員は「常に自分が描きたいものを描いている。こんな画家がいたことを多くの人に知ってほしい」と話している。展示は8月16日まで。

【写真】装飾古墳をテーマにした大胆な色使いの作品などが並ぶ「築山節生の世界展」=唐津市近代図書館美術ホール

2009年07月22日更新

この時間のニュース
お盆の帰省ラッシュ、きょうピーク
群馬防災ヘリ墜落、9人全員が死亡
沖縄で県民大会、移設の断念要求
安倍首相、自民総裁連続3選に意欲
台風14号、沖縄本島接近へ
報徳が3回戦へ、平安が通算100勝
ダムに衣装ケース入り遺体、兵庫
北朝鮮当局が日本人男性拘束
首相、ウラジオで日中首脳会談を検討
インドネシアの地震死者380人超に
この時間のスポーツ
報徳が3回戦へ、平安が通算100勝
オ6―3ロ、オリックスが3連勝
ソ1―3日、日本ハムが競り勝つ
世界セーリング優勝、吉田愛選手帰国
大リーグ、田中10勝目は持ち越し
ダル、60日間の故障者リストに移行
サッカー、長友佑都はフル出場
サッカー酒井宏が開幕戦フル出場
スキージャンプ女子、高梨が2連勝
全米プロゴルフ、松山は暫定23位

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd
佐賀新聞社

佐賀新聞社から

会社概要

サービスのご案内

社員採用のご案内

ご購読のご案内

佐賀新聞販売店検索

広告掲載に関するご案内

主催イベント

佐賀善意銀行

お問い合わせ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd