佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
MOX燃料、輸入額は139億円 通常燃料の4倍超?

 九州電力玄海原子力発電所(東松浦郡玄海町)3号機で使用するプルサーマル用のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料16体の輸入額が、約139億円だったことが財務省貿易統計で分かった。

 統計によると、輸入額は139億6373万円、重さは10・7トン。輸入額には、一般的に輸送料や保険料なども含まれており、MOX燃料の単体価格など内訳の公表はない。九電も「今後の取引に支障を及ぼす恐れがある」として公表していない。輸入額から単純計算すると、MOX燃料1トン当たりのコストは約13億円。通常のウラン燃料は2~3億円とされており、4~6・5倍になる。

 九電はフランスに保有するプルトニウム約1・6トンの約半分を使い、メロックス社でMOX燃料16体を製造、5月23日に搬入した。国内初のプルサーマルに向け3号機は現在、定期検査中。16体すべてを10月上旬に装てんする予定で、同下旬に発電再開、11月中旬に通常運転に復帰する計画。

2009年09月16日更新

この時間のニュース
東芝、8月に東証2部降格
東京都議選告示、250人超が出馬
沖縄戦終結72年、平和誓う
「愛してる」と旅立った、海老蔵さん
北朝鮮の新聞で靴を包んだため拘束か
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
違法残業、電通を法人略式起訴へ
岩国市長、米艦載機移駐計画を容認
司馬遼太郎さんの自筆原稿を発見
茨城被ばく事故、2回目立ち入り検査
この時間のスポーツ
J1鳥栖の鎌田がフランクフルト移籍
陸上、サニブラウンが10秒06
G大阪の堂安がオランダ1部へ移籍
大リーグ、青木が3度目の3安打
宮里藍、2カ月ぶり米ツアー復帰
日本女子アマゴルフ、安田が初優勝
米男子ゴルフ、スピース単独首位発進
コンフェデ杯サッカー、独は引き分け
マーリンズの田沢が戦列復帰、2失点
マーリンズのイチロー代打で凡退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd