佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
奈良・纒向遺跡に大型建物跡 卑弥呼の宮殿か

 邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、3世紀前半としては国内最大の建物跡が見つかり、市教育委員会が10日、発表した。

邪馬台国の候補地論争が再燃した奈良県の纒向遺跡(上)と、佐賀県の吉野ケ里遺跡(下)
 女王卑弥呼(ひみこ=生年不明~248年ごろ)の時代と重なり、邪馬台国畿内説の専門家は「卑弥呼の宮殿ではないか」と指摘。畿内説を後押しする有力な史料で、九州説との間で続く所在地論争に大きな影響を与えそうだ。

 市教委は、床面積約238平方メートルの高床式建物と推定。九州説の候補地の一つ、吉野ケ里遺跡(佐賀県)で出土した建物跡(約156平方メートル)をしのぐ規模だった。

 すぐ西側で1978年と今年2~3月に見つかった3棟と合わせ、計4棟が中心軸をそろえて東西一直線に整然と並んでいたことも判明。

 石野博信兵庫県立考古博物館長(考古学)は「畿内説に立てば、卑弥呼の宮殿とみていいだろう。これほど計画的に配置された建物群は同時期に国内で例がない」と指摘。これに対し、九州説の研究者は「遺跡全体の発掘が進んでおらず、今回の発見だけで卑弥呼と結び付けるのには無理がある」と反論している。

 確認された大型建物跡は南北19・2メートル、東西6・2メートル以上。直径約30センチの柱が使われたらしい。柱穴がさらに西側に続いているとみられ、市教委は建築構造などから東西12・4メートルと推定した。

 床を支える束柱つかばしら跡もあり、黒田龍二神戸大准教授(日本建築史)が市の依頼で復元した結果、高さ約10メートルの入り母屋造りと想定された。市教委は「纒向遺跡の中枢部が明らかになった。中心的な人物がいたと考えて間違いない」としている。

 中国の歴史書「魏志倭人伝」は、邪馬台国について「女王の都する所」と記述。「宮室、楼観ろうかん、城柵」が厳かに設けられていたとする。

 卑弥呼が239年、魏の皇帝から親魏倭王に任じられ、金印を授かったことや、邪馬台国への道のりなども紹介されているが、所在地は明らかになっていない。

 纒向遺跡は巨大な運河跡や各地の土器が出土。普通の集落とは異なる「都市」との見方があり、卑弥呼の墓との説がある箸墓はしはか古墳もある。

 現地説明会は14、15日の午前10時から午後3時(雨天中止)。JR巻向駅のそば。

 広瀬和雄国立歴史民俗博物館教授(考古学)の話 今回見つかった大型建物周辺では生活臭のする土器の出土も少なく、生活の場というよりは王権の中枢部といえる。これまで、纒向遺跡には卑弥呼の墓説が強い全長約280メートルもの箸墓古墳がありながら、巨大な建物が見つかっていなかっただけに、やっと心臓部を掘り当てたという感じだ。

【写真】邪馬台国の候補地論争が再燃した奈良県の纒向遺跡(上)と、佐賀県の吉野ケ里遺跡(下)

 

時期違い 近畿説後押しはしない  高島忠平佐賀女子短大学長

 纒向遺跡で見つかった大規模な建物跡について、吉野ケ里遺跡などを発掘し邪馬台国論争では九州説に立つ高島忠平佐賀女子短大学長は「卑弥呼の宮殿とするには時期が違う。発見遺構は4世紀以降のものとするのが無難」との見解を示した。

 高島学長は建物跡を「ヤマト王権発祥の地での発見は、謎の多い日本古代国家の起源を探る上で貴重な発見」と評価。しかし、年代を3世紀前半としたことには、従来4世紀以降とされていた奈良盆地南東部の古墳群の年代を、近畿説の研究者らが3世紀にさかのぼらせた上で「邪馬台国近畿説の根拠とするようになった」と批判。今回発見の遺構は、出土土器などから4世紀以降とみるべきとした。

 『魏志倭人伝』が示す卑弥呼の都については、「城柵などの記述からみて(都は)環壕(かんごう)集落であるが、纒向遺跡をはじめとする近畿の遺跡には存在しない。明らかに『魏志倭人伝』は環壕集落のことを記しており、九州の弥生時代後期後半の環壕集落の方がふさわしい」と指摘。今回の発見を「近畿説を後押しする有力史料」とする見方に反論した。

高島忠平氏の見解詳細はこちら

 

2009年11月10日更新

この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd