佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
社会起業家の生の声聞こう 20日、6NPOが活動報告

佐賀大で支援サミット 学生20人が取り組み

「社会起業家に少しでも興味がある人は参加を」と呼びかける岩崎佑紀さん(右)と吉松由希さん=鳥栖市

 福祉や地域活性化など社会問題を、ビジネスとして解決する社会起業家について学ぶ「社会起業支援サミット2009in佐賀」が20日午後1時から、佐賀市本庄の佐賀大学である。佐賀で活躍する社会起業家が取り組みを紹介、現場の生の声を伝える。

 「佐賀に元気を」と、九州環境福祉医療専門学校の岩崎佑紀さん(23)=鳥栖市=、西南学院大の吉松由希さん(20)=同=ら約20人の学生が取り組んだ。

 「ボランティアを仕事にしたい」と考える岩崎さんが発案。吉松さんは大学で知った社会起業家を調べるなかでイベントの計画を知った。

 サミットでは県内で活動するNPO法人「地球市民の会」、「食育むすびの会」など6団体が活動をアピール。各団体の話が直接聞けるブースも開設する。岩崎さんや吉松さんは「少しでも興味がある人はぜひ参加を」と呼び掛ける。

 参加は無料で予約が必要。予約や問い合わせは同サミット事務局、電話090(2962)1178へ。

2009年12月19日更新

この時間のニュース
介護報酬0・54%引き上げ
景況感5期連続で改善、12月短観
米軍ヘリ窓落下、市議会が抗議決議
日英、北朝鮮核脅威へ連携対処
年賀状の配達受け付けが開始
国際卓球連盟が14歳張本に躍進賞
ディズニーが6兆円で買収
米、ネット規制の撤廃を決定
人工知能が惑星を発見、NASA
東京ガス、電力販売で中部圏進出検討
この時間のスポーツ
国際卓球連盟が14歳張本に躍進賞
大リーグ機構、大谷情報漏えい調査へ
大リーグ、ダルビッシュ去就決まらず
サッカーW杯のキャンプ地はカザニ
ヘルタの原口、冬移籍の可能性も
ハンブルガーSV、伊藤と契約延長
なでしこ、3大会ぶりVへ最終調整
男子サッカー最優秀選手にプリシッチ
スノボW杯、竹内らは1回戦敗退
卓球、平野美宇は初戦敗退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd