佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
脳性まひ乗り越え博士号取得へ 佐賀大院生

太宰府市の谷岡稔真さん、音声入力支援システム開発

 

写真
 脳性まひで肢体が不自由な佐賀大の大学院生谷岡稔真さん(27)=福岡県太宰府市=が工学の博士号を取得する見通しになった。母親に付き添われ、車いすで本庄キャンパスに通って9年。発話障害のある肢体不自由者向けに、音声によるパソコン操作と文字入力を可能にする支援システムを開発し、自身のコミュニケーション手段としても改良に没頭してきた。26日は、このシステムを使って自力で書き上げた論文の公聴会に臨み、称賛を浴びた。

 

 谷岡さんは2001年、「障害者のためのパソコン開発」を夢見て理工学部に入学、05年に工学系研究科に進学し、音声入力ソフト開発に取り組んだ。谷岡さんが発音しやすい単語を「あ行~わ行」と「あ段~お段」に認識させ、組み合わせて入力する考え方。既存のソフトの改良を重ね、介助者なしでインターネットやメールも利用できるようにした。

 

 日本語のほか、英語や数字などの入力モードがあり、谷岡さん以外の人も自分の発音に合わせてソフトが改良できるようにしている。

 

 成果をまとめた論文は本文だけでA4判で59ページに及ぶ。昨年10月から3カ月がかりで書き上げ、要旨を公聴会で1時間かけて発表した。教授や研究室の仲間ら約40人が傍聴し、質疑では「ほかの入力方法と組み合わせれば、より多くの障害者が使えるようになる」などと今後の展開を期待する声が相次いだ。

 

 ままならない体や口の動きで息が上がり、噴き出す汗を母親の雅子さん(54)がタオルでぬぐった。谷岡さんは発表後、「こんなに長く人前で話したのは初めて。緊張で口がからから」と苦笑いしながら「やり切ったので爽快(そうかい)」と笑みを浮かべた。

 

 論文が承認されれば、3月下旬に博士の学位が授与される。谷岡さんの進路は未定だが、「自由なコミュニケーションで障害者が喜びを感じられるように研究を続けたい」。雅子さんも「望むことを支えていきたい」と語った。

 

【写真】博士号取得に向けた論文発表を終え、笑みを浮かべる谷岡稔真さん(右)と母親の雅子さん=佐賀大本庄キャンパス

2010年01月27日更新

この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd