佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
ハス再生へ掘干し 佐賀城公園で40~50年ぶり
【写真】堀干しで水位が下がり始めた佐賀城公園の南堀。奥はせき止められた城南橋の橋脚=佐賀市
 佐賀市城内の佐賀城公園のお堀で「堀干し」が進んでいる。姿を消してしまったハスの苗を植え、原因のひとつに考えられる外来種のカメや魚を捕まえる。戦時中も食糧難を支えるレンコン掘りとともに行われ、1960年代まで続いたとみられているが、その後は途絶えた掘干し。40~50年ぶりに姿を見せる堀の底から「何が出てくるか…」。ハス再生とともに興味が集まる。


 対象水域は、西堀と南堀の一部約3万立方メートル。既に上流と下流を土のうなどでせき止め、ポンプ4基で徐々に水を抜いている。底の土壌改良にもつなげようと、地元や自治体、有識者らでつくるハス再生実行委員会が企画した。


地図
 水位が下がれば、南堀に800平方メートルのハス生育区画を二つつくり、ひとつはハスに食害をもたらすとされる外来種のカメなどが入れないようにネットを張って育つ状況を比べる。3月13日には泥をくみ上げる「ごみくい」を市民も参加できる形で行い、併せて近くの赤松小と循誘小の児童が育ててきた在来種のハス苗約200株を植える。泥を天日乾燥して、公園の樹木に有機肥料として散布する計画も温めている。


 佐賀土木事務所の調査では、いつごろまで掘干しが続いていたのか明確な記録は見つかっていないが、赤松校区自治会長の池田耕造さん(78)は「コイやフナも追っていた、農家の人たちの作業風景が目に残っている」といい、「市民から親しまれるお堀として復活してほしい」と、ハスの花が咲き誇る日を心待ちにしている。


【写真】堀干しで水位が下がり始めた佐賀城公園の南堀。奥はせき止められた城南橋の橋脚=佐賀市

2010年02月09日更新

この時間のニュース
五輪後見据え財政出動、骨太方針案
野党、麻生氏の辞任要求強める
G7宣言に「完全非核化」明記要請へ
神鋼工場のトップ、不正黙認か
スバルで新たな燃費データ不正判明
東京五輪、目標は金メダル30個
「看護師が不妊手術実施」と証言
加熱式たばこ分煙で飲食可、都条例案
外務省、ロシア課長を停職9カ月
母遺体を河川敷に遺棄容疑、滋賀
この時間のスポーツ
東京五輪、目標は金メダル30個
大リーグ、大谷は代打で1安打1得点
休場中の稀勢の里、朝稽古を再開
東京五輪会場でスポGOMI大会
2200億円のゴルフ放送権契約
W杯、32チームの代表出そろう
全仏テニス、デルポトロ6年ぶり8強
MLBドラフト、1位は大学生右腕
フィギュアの年齢制限引き上げ検討外
NHL、キャピタルズが3勝目

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd