佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
ハス再生へ掘干し 佐賀城公園で40~50年ぶり
【写真】堀干しで水位が下がり始めた佐賀城公園の南堀。奥はせき止められた城南橋の橋脚=佐賀市
 佐賀市城内の佐賀城公園のお堀で「堀干し」が進んでいる。姿を消してしまったハスの苗を植え、原因のひとつに考えられる外来種のカメや魚を捕まえる。戦時中も食糧難を支えるレンコン掘りとともに行われ、1960年代まで続いたとみられているが、その後は途絶えた掘干し。40~50年ぶりに姿を見せる堀の底から「何が出てくるか…」。ハス再生とともに興味が集まる。


 対象水域は、西堀と南堀の一部約3万立方メートル。既に上流と下流を土のうなどでせき止め、ポンプ4基で徐々に水を抜いている。底の土壌改良にもつなげようと、地元や自治体、有識者らでつくるハス再生実行委員会が企画した。


地図
 水位が下がれば、南堀に800平方メートルのハス生育区画を二つつくり、ひとつはハスに食害をもたらすとされる外来種のカメなどが入れないようにネットを張って育つ状況を比べる。3月13日には泥をくみ上げる「ごみくい」を市民も参加できる形で行い、併せて近くの赤松小と循誘小の児童が育ててきた在来種のハス苗約200株を植える。泥を天日乾燥して、公園の樹木に有機肥料として散布する計画も温めている。


 佐賀土木事務所の調査では、いつごろまで掘干しが続いていたのか明確な記録は見つかっていないが、赤松校区自治会長の池田耕造さん(78)は「コイやフナも追っていた、農家の人たちの作業風景が目に残っている」といい、「市民から親しまれるお堀として復活してほしい」と、ハスの花が咲き誇る日を心待ちにしている。


【写真】堀干しで水位が下がり始めた佐賀城公園の南堀。奥はせき止められた城南橋の橋脚=佐賀市

2010年02月09日更新

この時間のニュース
新幹線のぞみ台車に亀裂、油漏れ
今年の漢字は「北」
政府、ミサイル避難施設拡充へ
特捜部、大林組の選定経緯を捜査
日本海側、大雪や強風に警戒を
サッカー日本、中国下し2連勝
ロシア選手、平昌五輪参加へ
シリア駐留のロシア軍警察大隊が帰還
公益信託、不動産や美術品に拡大
三重で世界2匹目の珍しいハチ発見
この時間のスポーツ
サッカー日本、中国下し2連勝
大谷選手、日ハムの球団施設で始動
ロシア選手、平昌五輪参加へ
G大阪の井手口が英リーズ移籍へ
スケートの小平、高木美らが帰国
東京五輪の競泳決勝、夕方で要望書
暴行事件、貴ノ岩聴取に遅れの可能性
阪神・藤川は2億円の単年契約
ロッテの鈴木「最高の一年に」
自動車レース佐藤琢磨に最優秀選手賞

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd