佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
流行下火で“在庫過剰”に 佐賀県内の新型インフルワクチン

 流行が下火になっている新型インフルエンザのワクチンが、佐賀県内で〝過剰気味〟だ。薬品卸会社にあった在庫は25日までに国が引き上げたが、医療機関によっては未接種分を結構抱えているところもある。今の制度では〝返品〟はできず、医療機関の負担となるため、県医師会や九州医師会連合会は国に買い取りを求めている。


 ワクチンは、国と医療機関の間で契約し、県の仲介で量を調整しながら供給されていた。昨年10月の接種開始当初は供給が追いつかなかったが、13歳以上の接種が1回となったことや、流行が沈静化したことで、接種者が減り、在庫を抱える医療機関が出てきた。2月12日現在のまとめでは、県内医療機関に成人の接種量で約4万4600回分(約6500万円分)のワクチンが残っていた。


 県東部の小児科医院は、接種開始当初は希望した80人分の7割しか確保できず、接種を待ってもらう状況が続いたが、最近は週に2~3人程度という。約100人分の在庫があり、使用期限(製造から半年と1年)もあることから「できるなら、いくらか引き取ってもらいたい」と話す。ただ「今でも新型インフルの可能性がある子どもが何人か来る。次の波が来る可能性もある」と警戒する。


 県医師会は知事に文書で「国の危機管理に最大限協力してきた実施医療機関からの返品を認めず、負担を転嫁する措置は到底容認できない」として、国への働き掛けを要請している。県健康増進課は「状況の変化に素早く対応するためには留保分も必要」としたうえで、「早いもので4月に使用期限が切れるものもあるので、その際は国が買い戻すような措置があってもいいのではないか」と話す。

2010年03月26日更新

この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd