佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀有明の会 参院選の候補者に即時開門を要望
民主党から立候補を予定する甲木氏(左奥)に即時開門を訴える佐賀有明の会のメンバー=佐賀市神野東の後援会事務所
  国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門問題で、佐賀県内の有明海沿岸漁業者でつくる「佐賀有明の会」(川崎賢朗会長)は1日までに、参院選佐賀選挙区の立候補予定者3人に環境アセスメントを前提としない即時開門を求める要望書を提出、開門に対する考えを聞いた。


 29日に自民党の福岡資麿氏(37)、1日に民主党の甲木美知子氏(38)と共産党の山口勝弘氏(54)に要望した。


 川崎会長らは「営農対策を実施し、段階的に開門すればアセスメントは必要ない」と主張。赤松広隆農相が5月中旬にも表明するとしていた開門に向けた最終判断がずれ込む中、「開門が1日遅れると有明海再生が1日遅れる」と訴えた。


 3人とも開門調査実施に前向きな考えを示したが、甲木氏、山口氏が即時開門に賛同した一方、福岡氏は「短い期間に区切った上で、開門による悪影響を事前に整理することが必要」と返答。その上で「アセスメントを逃げ道にして開門を先送りすることはあってはならない」とした。

 

【写真】民主党から立候補を予定する甲木氏(左奥)に即時開門を訴える佐賀有明の会のメンバー=佐賀市神野東の後援会事務所

2010年06月01日更新

この時間のニュース
森友学園の「埋め戻し」現場視察
首相、森友学園の「しつけに共鳴」
米国防費6兆円増額へ、10%アップ
岩埼被告に懲役14年6月
両陛下、ベトナム初訪問へ出発
大リーグ前田、初登板は2回1失点
都議会、代表質問スタート
米上院、ロス商務長官を承認
ワカサギ釣りの4人が池で死亡、岩手
来年末に2人が月旅行、米スペースX
この時間のスポーツ
高梨沙羅「個人戦で悔い残る」
カブス川崎は2打数1安打1盗塁
ドジャース前田は2回1失点
ダルビッシュ3・3登板の見通し
青木、WBCへ決意新たに
新横綱稀勢の里、大阪で本格始動
33歳世界王者の高山選手、高校卒業
サッカー、岡崎のレスター勝つ
ゴルフ松山、世界ランク4位に浮上
三浦知良、50歳出場に驚きと称賛

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd