佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
JR肥前山口駅 長崎方面の特急利用本数が大幅減

 来年3月の九州新幹線開業に伴う在来線のダイヤ改正で、肥前山口駅(杵島郡江北町)に停車する長崎方面の特急列車の本数が、現在の1日上下各26本から同17本に減少する。新鳥栖駅が新たに特急停車駅に加わることで増える2~3分の所要時間を短縮するためで、JR九州は「利用状況などを考え、肥前山口を通過運転することになった」という。

 

 通過運転になるのは、博多-長崎間を結ぶ「かもめ」の一部。JR九州は今回のダイヤ改正で「かもめ」と佐世保行きの「みどり」の連結運行を廃止、分割することで博多-佐賀間の特急の本数を上下合わせて17本増やした。肥前山口は連結列車の分岐駅だが、連結解除のための停車は必要なくなる。分離して“増発”した「かもめ」は通過させて時間短縮することにした。

 

 JR九州によると、県内の主な駅の特急「かもめ」の1日の乗客数は、佐賀駅が2300人、肥前鹿島駅が320人、肥前山口駅が280人。肥前山口は、長崎線全体の駅で最も少ないという。同社営業課は「肥前山口駅の特急列車の乗客は、博多方面が上下あわせ1日450人対し、長崎方面は50人ほど。利用者のニーズを考えてダイヤを組んだ」と説明する。

 

 新ダイヤでは、博多方面への利便性は現行の上下各33本停車が上り34本、下り33本停車と確保されるが、長崎方面は増発分が停車しなくなるため、現行の上下各26本停車が各17本に減る。

 

 肥前山口駅は2004年以降、長崎、佐世保のすべての特急が停車している。江北町の田中源一町長は「博多方面は従来通りでもある。長崎方面への乗客数や需要を考えれば、JRの経営方針も仕方ない」と話す。

 

 佐世保線の武雄温泉駅、長崎線の肥前鹿島駅は全特急が停車するために停車本数はほぼ現状が維持される。

2010年12月21日更新

この時間のニュース
大災害時、全国8千カ所に拠点給油所
全日空、300便超欠航へ
伊調馨選手に国民栄誉賞検討
イタリア地震、死者241人に
日本の自然災害リスク17位
日本ハム、今季初めて首位に浮上
教職員、10年で3万人増へ
文化庁の京都先行移転を提示
航空大訓練機が胴体着陸、仙台空港
仏デザイナーのS・リキエルさん死去
この時間のスポーツ
日本ハム、今季初めて首位に浮上
サッカー、五輪の浅野や大島ら24人
巨4―6広、広島がに逆転
ロ1―4日、増井がプロ初完投
ソ5―7楽、茂木がランニング本塁打
ヤ10―9中、ヤクルトが辛勝
男子ゴルフ、石川遼ら8人が首位
D3―9神、高山が6打点
女子ゴルフ、ベテランの表が首位発進
リオ五輪選手団が解団式

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd