佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
インフル警報解除レベルに 春先流行のB型は増

 佐賀県内39医療機関で調べている2月21~27日の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は7・92人で、国立感染症研究所が定める「警報解除レベル」(10人)を下回った。流行期を迎えるB型インフルエンザの患者は増え始めている。

 

 地域別では鳥栖エリアが16・0人、伊万里が12・40人で、依然として高い水準にとどまっている。杵藤は8・11人、佐賀中部は4・77人、唐津は4・57人だった。

 

 ウイルスのタイプはサンプル調査ではA型が主流だが、例年3~4月に流行するB型が増え始めている。

 

 県内のインフルエンザは昨年11月末に流行期に入り、1月上旬に「注意報レベル」(10人以上)、同月下旬に「警報レベル」(30人以上)に達していた。

2011年03月02日更新

この時間のニュース
大阪の停電、復旧に11時間
北朝鮮、新型SLBMを開発か
カードローン特別調査へ、金融庁
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
厚労省、認知症治療へゲノム管理
核廃絶へ、長崎アピールを政府に提出
ロシア、北方領土を経済特区に指定
「マクド」勝利受けHPの一部関西弁
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
国会、来月25日からの週で一致
この時間のスポーツ
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
文田がグレコで金、日本勢34年ぶり
イチローは1安打3打点
ヤンキースの田中が9勝目
青木、初回に先頭打者本塁打
サッカー、本田がデビュー戦で得点
東京地検、巨人の山口投手を不起訴に
WBC王者の比嘉が10月に初防衛戦
FC東京・中島がポルトガル1部へ
世界バド、山口が16強入り

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd