佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
危機管理・報道監に坂本氏 佐賀県人事異動

 佐賀県の1日付人事異動で、本部長級の危機管理・報道監に県土づくり本部副本部長の坂本洋介氏(52)、県土づくり本部長に同副本部長の井山聡氏(52)が就任する。組織改正では国際戦略強化に加え、雇用支援や身障者の自立支援を推進する体制も整えた。

 

 本部長級の統括本部長は副知事の事務取扱に、生産振興部長は農林水産商工本部長が兼務する。出納局会計管理者に人事委員会事務局長の宮地茂喜氏(58)、議会事務局長は出納局会計管理者の山口和之氏(58)、監査委員事務局長に経営支援本部副本部長の中島博文氏(55)、人事委員会事務局長に危機管理・報道監の池田英雄氏(55)が就任。

 

 最高情報統括監は公募で日本マイクロソフト出身の森本登志男氏(48)を、唐津保健福祉事務所長(副本部長級)には、元健康福祉本部長で厚労省を退職する佐藤敏行氏(55)を採用する。

 

 組織改正では、厳しい雇用情勢への対応として産業技術学院に就職支援課を設ける。身障者の自立支援へ通所の機能回復訓練施設「地域生活リハビリセンター」や総合福祉センターに障害者支援課を新設する。

 

 海外事務所開設準備など国際戦略の推進体制を強化。国際課を国際戦略グループと国際交流課に分け、所管を経営支援本部から農林水産商工本部に移し、流通課や観光課と連携を強める。商工課にも国際経済担当を配置した。また国際リニアコライダー誘致などで「基礎科学・新領域振興室」、バス路線や離島航路などの維持へ「地域交通対策室」も設置する。

 

 本庁と現地機関の交流人事は総勢304人で異動全体の30・7%。女性職員の係長級以上は26人を登用、総数は131人となり前年より2人増えた。3月末の退職者数は140人、新規採用者数は51人で職員数は前年同期より104人少ない3011人になる。

2011年03月31日更新

この時間のニュース
北朝鮮、新型SLBMを開発か
大阪の停電、復旧に11時間
東電、原発汚染水の処分策示さず
日中正常化の式典、10年ぶり開催へ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
自立支援介護、成果事業所は報酬増へ
重力波、ブラックホール同士の合体で
米スペースXの宇宙服はすっきり
米海軍、第7艦隊司令官を解任
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
この時間のスポーツ
レスリング、18歳奥野が初出場で金
ルーニーがイングランド代表から引退
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
ソ9―0西、ソフトB今季初の7連勝
ヤ4―7神、阪神が3発で快勝
夏巡業、4横綱が初のそろい踏み
川崎が浦和に先勝、ACL準々決勝
サッカー、本田がデビュー戦で得点
ロ5―3楽、ロッテが連敗止める
中4―1巨、中日が6連敗で止める

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd