佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀県議会自民会派、反原発講師を招き勉強会

 自民党佐賀県議団(石丸博会長、29人)は19日の議員団総会で、反原発運動に取り組む元原発技術者菊池洋一氏(69)=宮崎県串間市在住=を講師に招いて勉強会を開いた。自民は原発を「慎重に推進」してきたが、福島第1原発事故を受けた6月初めの原子力安全対策等特別委員会に向け、「推進派だけでなく、反対・慎重派の意見も聞いて参考にしたい」と企画した。原発反対派を招いたのは初めて。

 

 講師は玄海原発プルサーマル裁判の会が紹介した。菊池氏は1973年から7年間、米ゼネラル・エレクトリック(GE)関連会社で福島第1原発6号機などの建設現場で工程管理責任者を経験。内情を知る立場から長年、原発内の配管劣化や損傷の危険性を東京電力に訴えたが相手にされず、「原子力は完成された技術ではなく、試行錯誤で造っている。大きな事故が起きて初めて分かる。地震列島の日本には向かず、今こそ政策転換すべきだ」と訴えた。

 

 「原発がなくても火力発電所のフル稼働で電力は賄え、将来的な代替エネルギーは地熱発電が有望」と主張。県議から原子力安全・保安院のありようを問われると、「原子力を本当に知る人はいない。原子力安全“不安院”だ」と皮肉った。

 

 聴講後、議員は「原発の実態を聞けた」「参考になるところも多く、自分なりに咀嚼(そしゃく)したい」と語った。石丸会長は「これまでは安全だという話ばかり聞いてきたが、事故を受けて、慎重な意見に耳を傾けないというのでは議論できない。両方の声を聞いていきたい」と話した。

2011年05月19日更新

この時間のニュース
LINEが出前開始、日用品宅配も
英、ガソリン・ディーゼル車禁止へ
米軍、トランスジェンダー認めず
相模原事件「障害者の環境悪化」7割
ヒアリ定着防止へ近畿5港で緊急対策
ヤクルトが10点差を逆転、タイ記録
作詞家の山川啓介さんが死去
平和希求の大田元知事追悼、沖縄
ガソリン3週連続値上がり
福島の女子高生いじめ自殺で処分
この時間のスポーツ
ヤクルトが10点差を逆転、タイ記録
神5―6D、DeNA単独2位
ジョコビッチ右肘治療、今季残り欠場
巨2―7広、広島が4連勝
ソフトBの内川骨折、全治6週間
世界体操へ、内村「質の高い練習」
ルヴァン杯、C大阪とFC東京が8強
柔道、壮行式で阿部ら金メダルを宣言
新国立競技場、東京五輪後は球技専用
高校野球、明徳義塾が8年連続

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd