佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
新武雄病院が完成 6月1日から診療開始

 社団法人「巨樹の会」(鶴崎直邦理事長)が佐賀県武雄市武雄町富岡に建設していた「新武雄病院」が完成し、22日に内覧会と開院式があった。旧武雄市民病院から移譲された現在の同病院から移転し、6月1日に診療を始める。

 

 新病院は長崎自動車道武雄北方インターから約1・5キロ西の国道34号沿い。約1万4500平方メートルの敷地に、ヘリポート付きの鉄筋コンクリート8階建て(延べ床面積約1万5200平方メートル)を建設した。総事業費は約50億円。11の診療科目を持ち、病床数は135床。今後、県南西部から患者を集め、将来的には200床を目指す。職員は医師16人を含む376人となっている。

 

 現在の病院は山の中腹にあり、広いエリアから重症患者を集めるのに不便だった。病床数や診療科目は同じだが、新病院は広さが約1・8倍となり、療養環境がよくなった。29日から2日間かけ、入院患者を含めて新病院に移る。移転後の現病院は、障害者の自立支援や回復期のリハビリができる施設として活用し、一部は市に福祉施設として貸し出す予定。

 

 内覧会と開院式には市や医療関係者、地元の区長会などから約1700人が出席。鶴崎理事長は「24時間、365日、質の良い救急医療を提供し、地域の中核、研修病院を目指す」とあいさつした。

2011年05月22日更新
長崎自動車道西側の国道34号沿いに完成した「新武雄病院」。6月1日から診療を始める=武雄市武雄町富岡

長崎自動車道西側の国道34号沿いに完成した「新武雄病院」。6月1日から診療を始める=武雄市武雄町富岡


この時間のニュース
マクロン、ルペン氏決選へ
日米首脳、北朝鮮に挑発の自制要求へ
東芝、主要4事業の分社化決定
東証続伸255円高、3週間ぶり高値
沖縄・嘉手納基地で米軍が降下訓練
佐賀県、玄海再稼働同意を午後表明
「朝鮮人追悼碑」の展示取りやめ
落語家の三遊亭円歌さんが死去
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
新茶初取引、手もみ茶に1キロ百万円
この時間のスポーツ
NBA、王者キャバリアーズ突破
NHLキャピタルズなど準決勝へ
大リーグ、青木のアストロズが首位
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
大リーグ、ダル8回2失点で2勝目
石川遼、大きく崩れて72位
サッカー、バルサがレアルに競り勝つ
カーリング、小笠原・阿部組が初勝利
自動車、佐藤琢磨は9位
テニスの錦織圭、世界ランク7位後退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd