佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
町中にミニ図書館を 子ども達が芝生はり 佐賀市

 6月11日から始まる「佐賀コンテナプロジェクト」と題した社会実験を前に、芝生張りのワークショップが28日、佐賀市松原の予定地(親和銀行佐賀支店跡)で行われた。子どもたち約60人が芝生約500枚を敷き詰め、緑豊かで知的好奇心を満たすミニ図書館づくりの第一歩を踏み出した。

 

 佐賀市の住民、自治会長らでつくる「佐賀市街なか再生会議」が実施した。当初は250平方メートルを敷く予定だったが、ぬかるみが多く150平方メートルに減らした。

 

 テントやかっぱで雨に耐えながら、板状になった「高麗(こうらい)芝」(40センチ×30センチ)を一枚ずつ敷いた。子どもたちは、手や足を泥だらけにしながら1時間の作業を楽しんだ。

 

 図書館は佐賀で入手しにくい雑誌や絵本など300冊をそろえ、休憩・展示スペースも設ける。プロジェクトは佐賀玉屋など4拠点を回遊し市街地再生を目指す「四核構想」の一環。構想を提唱する建築家の西村浩さん(佐賀市出身)も芝張りに参加した。

 

 西村さんは空き地や空き店舗を緑化すれば、居住地や昼の町としての魅力が増すことを強調。「殺風景な駐車場ではなく、地元で管理する憩いの場になれば人は集まる。今回のプロジェクトが呼び水になれば」と話した。

2011年05月29日更新
コンテナ図書館が開設する予定地に芝生を張る子どもたち=佐賀市松原の親和銀行佐賀支店跡地

コンテナ図書館が開設する予定地に芝生を張る子どもたち=佐賀市松原の親和銀行佐賀支店跡地


この時間のニュース
原発事故、国の賠償認めず
メキシコで日本救助チームが活動開始
米携帯2社、近く合併合意の見通し
英首相、移行期間「2年」を提案
「強い意志で改善を」高橋さん母会見
早実の清宮、プロ志望を表明
火星の衛星フォボスに着陸へ
米、北朝鮮の貿易・金融を締め付け
電通社長、違法残業謝罪
菅氏、臨時国会の28日召集を伝達
この時間のスポーツ
早実の清宮、プロ志望を表明
豪栄道3敗目、1差に日馬と朝山
広5―0巨、中村祐が7回無失点
バドジャパンOP、奥原が準決勝進出
テニス、ムグルサとケルバーが4強
サッカーU―17W杯に久保ら21人
板橋が女子板飛び込み4連覇
女子ゴルフ、34歳の飯島が首位発進
ジャパンパラ陸上、王者が意気込み
男子ゴルフ、首位高山は2位に6打差

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd