佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄市、工業団地を全部取得した企業に6億円交付

 武雄市は造成中の武雄北方インター工業団地(18ヘクタール)への企業誘致を進めるため、工業団地全部を取得した企業に6億円、10ヘクタール以上を取得した企業に3億円を交付するなど支援策を新設した。大規模の進出や注目されている新エネルギー産業などの立地を目指して、企業にアピールする。

 

 同工業団地は県との共同事業。同市北方町宮裾地区に昨年5月から造成中で、今年9月に完成、10月から分譲する。総事業費は28億円。高速道インターに近い立地の良さをアピールポイントにしている。

 

 ただ、まだ企業側から打診がないこともあって市は誘致を有利に進めるため、工業団地5ヘクタール以上10ヘクタール未満を取得した場合、1億円の補助金を交付する。10ヘクタール以上は3億円、団地全部を取得すれば6億円を補助する。

 

 同市によると、規模が違うため比較はしにくいものの、県内自治体の工業団地での用地取得補助金でみると3千万円が上限で、今回の支援策は最も手厚いという。

 

 一括取得で6億円を補助しても、市は500人分の雇用が発生すると見込み、法人市民税などの税収増によって7年で補助分を回収できると試算している。

 

 さらに事業開始後の固定資産税を初年度から5年間は全額免除、6年から10年までは税率の2分の1を減免する。雇用奨励金も、限度額を現行2500万円(1人50万円で50人分)から1億円(同200人分)に引き上げた。この二つは別の工業団地を含めて適用する。市は関連議案を6月議会に提出する。

 

 県企業立地課は「誘致に向け、よりアピールしやすくなる」と支援策を歓迎。北川政次・市営業部理事は「起債で造る団地なので、早く分譲しないと金利がかさんで償還できなくなる。支援策を呼び水に早期分譲を目指す」と話す。

2011年06月04日更新
今年9月の完成を目指して工事が進む武雄北方インター工業団地=武雄市北方町宮裾地区

今年9月の完成を目指して工事が進む武雄北方インター工業団地=武雄市北方町宮裾地区


この時間のニュース
陸上自衛隊トップ、辞任へ
防衛相に経験者起用を検討
大阪地検、籠池夫妻を午後聴取
米FRB、資産縮小9月にも
英、ガソリン・ディーゼル車禁止へ
フェイスブック最高益更新
中国、拘束の邦人男性2人解放
世界水泳、200バタフライで瀬戸銅
新色の「青い菊」咲かせる
藤井聡太四段が公式戦34勝目
この時間のスポーツ
ワールドゲームズ、空手の植草がV2
世界水泳、200バタフライで瀬戸銅
ダルビッシュ、10失点KO
ボクシング、フューリーが引退表明
女子テニスの穂積は2回戦敗退
ヤクルトが10点差を逆転、タイ記録
神5―6D、DeNA単独2位
ジョコビッチ右肘治療、今季残り欠場
巨2―7広、広島が4連勝
フェンシング男子フルーレで日本7位

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd