佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄市、工業団地を全部取得した企業に6億円交付

 武雄市は造成中の武雄北方インター工業団地(18ヘクタール)への企業誘致を進めるため、工業団地全部を取得した企業に6億円、10ヘクタール以上を取得した企業に3億円を交付するなど支援策を新設した。大規模の進出や注目されている新エネルギー産業などの立地を目指して、企業にアピールする。

 

 同工業団地は県との共同事業。同市北方町宮裾地区に昨年5月から造成中で、今年9月に完成、10月から分譲する。総事業費は28億円。高速道インターに近い立地の良さをアピールポイントにしている。

 

 ただ、まだ企業側から打診がないこともあって市は誘致を有利に進めるため、工業団地5ヘクタール以上10ヘクタール未満を取得した場合、1億円の補助金を交付する。10ヘクタール以上は3億円、団地全部を取得すれば6億円を補助する。

 

 同市によると、規模が違うため比較はしにくいものの、県内自治体の工業団地での用地取得補助金でみると3千万円が上限で、今回の支援策は最も手厚いという。

 

 一括取得で6億円を補助しても、市は500人分の雇用が発生すると見込み、法人市民税などの税収増によって7年で補助分を回収できると試算している。

 

 さらに事業開始後の固定資産税を初年度から5年間は全額免除、6年から10年までは税率の2分の1を減免する。雇用奨励金も、限度額を現行2500万円(1人50万円で50人分)から1億円(同200人分)に引き上げた。この二つは別の工業団地を含めて適用する。市は関連議案を6月議会に提出する。

 

 県企業立地課は「誘致に向け、よりアピールしやすくなる」と支援策を歓迎。北川政次・市営業部理事は「起債で造る団地なので、早く分譲しないと金利がかさんで償還できなくなる。支援策を呼び水に早期分譲を目指す」と話す。

2011年06月04日更新
今年9月の完成を目指して工事が進む武雄北方インター工業団地=武雄市北方町宮裾地区

今年9月の完成を目指して工事が進む武雄北方インター工業団地=武雄市北方町宮裾地区


この時間のニュース
森友学園の「埋め戻し」現場視察
首相、森友学園の「しつけに共鳴」
米国防費6兆円増額へ、10%アップ
岩埼被告に懲役14年6月
両陛下、ベトナム初訪問へ出発
大リーグ前田、初登板は2回1失点
都議会、代表質問スタート
米上院、ロス商務長官を承認
ワカサギ釣りの4人が池で死亡、岩手
来年末に2人が月旅行、米スペースX
この時間のスポーツ
高梨沙羅「個人戦で悔い残る」
カブス川崎は2打数1安打1盗塁
ドジャース前田は2回1失点
ダルビッシュ3・3登板の見通し
青木、WBCへ決意新たに
新横綱稀勢の里、大阪で本格始動
33歳世界王者の高山選手、高校卒業
サッカー、岡崎のレスター勝つ
ゴルフ松山、世界ランク4位に浮上
三浦知良、50歳出場に驚きと称賛

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd