佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
九電の節電要請、当面は数値目標設定せず

 九州電力が今夏の電力不足に備えて「最大15%必要」としていた節電要請について、当面は数値目標を設定せずに進められることが6日、分かった。運転再開を延期している玄海原発2、3号機(佐賀県東松浦郡玄海町)などを補うための火力発電用の燃料確保が徐々に進んでいるためで、要請を大幅に緩和する見通しとなっている。

 

 福島第1原発事故の影響などで、九電の原発6基のうち3基が停止し、夏場の電力不足が懸念されていた。同社の真部利応社長は5月18日の会見で、火力発電用の燃料確保について「7月中旬以降は見通しが立っていない」と報告し、「現時点で、7月中旬から9月下旬までに最大15%程度の節電が必要になる」と話していた。

 

 その後、九電は燃料調達を進め、7月分の確保にめどがついた。8月分は交渉中で、9月分も手当てを進めているという。

 

 だが、燃料を確保しても原発3基が停止した状態での電力の供給力は、最大需要見通しに対して、3・5%の余裕しかない。気温などで変化する電力需要には十分とは言えない状態で、同社幹部は「必要な電力を削る『節電』ではなく、社会生産活動に影響がない範囲の『省電』をお願いすることになる」と話している。

2011年06月07日更新

この時間のニュース
マレーシア、正男氏殺害で声明発表へ
賃上げも保育士不足「解消せず」7割
森友問題、首相説明納得できず62%
金正男氏遺体、火葬後引き渡しか
日本の酒、輸出促進へ政府が新指針
錦織圭、尾崎里紗が4回戦進出
暴力顧問、原則1年は担当外に
千葉県知事選で森田氏3選
日本海側、平安時代に巨大津波か
別の場所で殺害後遺棄か、千葉
この時間のスポーツ
錦織圭、尾崎里紗が4回戦進出
世界マッチプレー、谷原は決勝ならず
新横綱稀勢の里、逆転で2連覇
世界フィギュアへ羽生、現地到着
マーリンズ、イチローは3打数2安打
サッカー日本代表、非公開で戦術練習
ジャンプ、葛西が3位で最年長表彰台
F1、フェテルが開幕戦V
ロッテがオープン戦1位、31日開幕
スノボクロス、男子はオーストリアV

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd