佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
九電の節電要請、当面は数値目標設定せず

 九州電力が今夏の電力不足に備えて「最大15%必要」としていた節電要請について、当面は数値目標を設定せずに進められることが6日、分かった。運転再開を延期している玄海原発2、3号機(佐賀県東松浦郡玄海町)などを補うための火力発電用の燃料確保が徐々に進んでいるためで、要請を大幅に緩和する見通しとなっている。

 

 福島第1原発事故の影響などで、九電の原発6基のうち3基が停止し、夏場の電力不足が懸念されていた。同社の真部利応社長は5月18日の会見で、火力発電用の燃料確保について「7月中旬以降は見通しが立っていない」と報告し、「現時点で、7月中旬から9月下旬までに最大15%程度の節電が必要になる」と話していた。

 

 その後、九電は燃料調達を進め、7月分の確保にめどがついた。8月分は交渉中で、9月分も手当てを進めているという。

 

 だが、燃料を確保しても原発3基が停止した状態での電力の供給力は、最大需要見通しに対して、3・5%の余裕しかない。気温などで変化する電力需要には十分とは言えない状態で、同社幹部は「必要な電力を削る『節電』ではなく、社会生産活動に影響がない範囲の『省電』をお願いすることになる」と話している。

2011年06月07日更新

この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd