佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
保安院「原発運転再開に支障ない」 唐津市議会で説明

 玄海原発2、3号機の運転再開問題で、唐津市議会は20日、玄海原発・新エネルギー等対策特別員会で経産省原子力安全・保安院と九州電力から説明を受けた。保安院は「運転再開に支障はない」としたが、議員からは事故対応だけでなく、住民の安全を守る防災対策の早期確立など原発に隣接する市民の不安を反映した意見が相次いだ。

 

 事故以降、原発が立地する東松浦郡玄海町と佐賀県以外で国が説明するのは初めて。玄海原発の村島正康所長が緊急安全対策を説明し、保安院の山本哲也発電検査課長が再稼働に理解を求めた。

 

 議員からは風評被害やモニタリングポストの強化、オフサイトセンター、EPZ(防災対策の重点実施地域)の見直しなど防災に関する意見が続出。九電に対しては安全協定の締結を要請し、不安解消を求めた。

 

 地震と事故との関係について山本課長が「詳細な影響評価の途中」と説明したことには「検証が済むまで再開は認められない」と反発。事故から3カ月たって国が訪れたことに対して「隣接地が軽んじられている」と声を荒げる場面もあった。

 

 市は、防災対策などについて明確な説明と改善策を求める意向書を県に提出している。坂井俊之市長は国の説明を「一歩前進」としながらも「浜岡原発の停止理由など不明瞭な部分がある。意向書の回答もなく、そこをクリアしなければ次には進めない」と述べた。

2011年06月21日更新
玄海原発の安全対策などについて説明する経産省原子力安全・保安院の山本哲也課長(右から2人目)=唐津市議会議場

玄海原発の安全対策などについて説明する経産省原子力安全・保安院の山本哲也課長(右から2人目)=唐津市議会議場


この時間のニュース
みちびき3号機打ち上げ成功
米、バノン氏解任で強硬路線転換も
尖閣周辺で米爆撃機飛行、自衛隊機も
主要行、東芝に月内の売却契約を要請
公文書管理の判断、省庁に責任者設置
中央道、復旧に向け土砂撤去開始
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
連続テロ、犯行グループ12人か
長島元復興副大臣が死去
「俳句甲子園」が松山市で開幕
この時間のスポーツ
盛岡大付、広陵、花咲徳栄が8強
イ・ボミら2人が首位、大山1打差
日0―3西、西武・多和田が5勝目
巨6―1D、巨人・菅野が13勝目
中1―8神、阪神が3連勝
オ7―3ロ、オリックスが連敗止める
テニス杉田祐一、準々決勝は完敗
ボルダリング、野中と野口が準決勝へ
大リーグ、青木は途中出場で無安打
W杯ボルダリング、渡部は総合V逃す

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd