佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
玄海原発県民向け説明番組 疑問や不安の声相次ぐ

 全国で停止している原発の再稼働にめどが立たない中、経済産業省は26日、玄海原発の緊急安全対策に関する佐賀県民向け説明会を佐賀市のケーブルテレビ(CATV)で開き、「説明番組」としてCATVとインターネットで生放送した。同省原子力安全・保安院は「対策は妥当で、運転に支障はない」と、安全を重ねて説明。出演した県民7人は福島第1原発事故が収束していない中で再稼働させる緊急性や浜岡原発(静岡県)の停止理由など疑問点をぶつけたが、番組終了後、「納得はしていない」「言葉が難解で分かりにくく、時間も短すぎた」などとして再度の説明会開催の必要性を指摘した。

 

 福島の事故後、国主催による県民への直接説明は初めて。県庁知事室で番組を見た古川康知事は記者団に「(番組は)一定の役割を果たした」としつつ、「もう少し時間をかけて分析したい」と述べ、議会などの意見も聞いた上で評価する考えを示した。県主催の数千人規模の説明会開催には否定的な見解。玄海2、3号機の再稼働の判断時期は明言しなかったが、経産相の来県については「近々、考えないといけない」とした。

 

 「説明番組」は1時間半の放送。保安院の黒木慎一審議官や資源エネルギー庁課長ら国からは4人が出席、県民は国が地元広告代理店のリストを基に選んだ経済団体役員や農業者、玄海町民、主婦、映画評論家、学生ら7人が質問した。寺崎宗俊元佐賀新聞社編集主幹がコーディネーター、高村昇長崎大大学院教授(放射線疫学)がアドバイザーを務めた。

 

 出演した県民は「浜岡原発だけを停止した理由の説明が足りない」「36年運転している玄海1号機の安全は大丈夫か」「福島の事故が収束してから玄海2、3号機の再稼働を考えられないのか」「政府の事故対応は信用できず、不安だ」などと質問や意見を出した。寄せられたメールやファクスは約600件で、番組内で一部を紹介した。報道陣に対し、撮影現場の取材は応じなかった。

 

 「説明番組」をめぐっては、参加人数の制限や番組で公開する方法について、市民団体や一部の県議が批判。放送開始前にはケーブルテレビ局に反原発団体のメンバーら約80人が集まって抗議し、一時騒然となった。

2011年06月27日更新
原子力安全・保安院などの説明を受け、県民7人が質問や意見を述べた説明番組=佐賀市天神の「ぶんぶんテレビ」スタジオ

原子力安全・保安院などの説明を受け、県民7人が質問や意見を述べた説明番組=佐賀市天神の「ぶんぶんテレビ」スタジオ

原発県民説明番組の放送中のぶんぶんテレビ前に集まる反原発団体のメンバー=佐賀市天神

原発県民説明番組の放送中のぶんぶんテレビ前に集まる反原発団体のメンバー=佐賀市天神


この時間のニュース
小池知事、関東と関西中心に候補擁立
衆院28日解散し総選挙へ、首相表明
上野パンダ、シャンシャンに決定
クルド独立へ住民投票を実施
郵政株、1株1322円に
ヤクルト来季監督に小川前監督復帰へ
東証、円安で2年ぶり高値
日銀総裁、財政悪化懸念に言及避ける
財政黒字化目標は先送り
ドイツのメルケル首相、4選確実に
この時間のスポーツ
ヤクルト来季監督に小川前監督復帰へ
テニス、大坂なおみは1回戦で敗退
神0―7D、ウィーランドが初完封
ヤ5―6巨、巨人が5点差逆転勝ち
ソ2―10楽、美馬が11勝目
フィギュアペアの川口が現役引退
北朝鮮参加しサッカー東アジア選手権
NFL選手ら、トランプ氏に抗議
横審、日馬富士4敗も優勝を評価
米NFL、ペイトリオッツ2勝目

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd