佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
60年に1度 リュウゼツランが開花

 佐賀県武雄市山内町立野川内地区の力武義彦さん(86)宅で、60年かけてたった一度花を咲かせる「リュウゼツラン(竜舌蘭)」が開花した。アロエのお化けのような台座から屋根より高く伸びた8メートルの枝先に結んだ無数の小さい黄色の花を一目見ようと、近所の人たちが訪れている。

 

 リュウゼツランは中南米の熱帯地域の原産で、半世紀かけて花を咲かせるとその一生を終える。「何も知らず、珍しいと思って」と息子の力武博史さん(63)が50年以上前の子どもの頃、佐世保市の公園で見つけて自宅の庭に植えた。

 

 「特別に手入れもせず庭の景色に完全に溶け込んでいた」(博史さん)が、5月中旬ごろから枝が伸び始め、急速に成長した。いよいよ開花というときに台風6号が接近したが、庭木や柱にくくりつけて何とか難を逃れた。

 

 博史さんは「いざ花が咲いてみるとあっという間で少しさみしい気もする。子株を次の世代譲って育ててもらおうと思う」と話していた。2世の子株も順調に育っている。

2011年08月01日更新
力武さん宅で咲いたリュウゼツランの花=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で咲いたリュウゼツランの花=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で花を咲かせたリュウゼツランは近所の話題になっている=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で花を咲かせたリュウゼツランは近所の話題になっている=武雄市山内町立野川内地区


この時間のニュース
中国主席、対米協調示す
神奈川の障害者施設に刃物男
政府、17年度から無年金者救済
「ポケモン運転」摘発70件超
保育士処遇、4割近くが改善
ロシアの五輪参加、可否の手続き着手
長崎教会群、世界遺産に再挑戦
首相、人事調整を本格化
岸田外相、中国に仲裁判断の順守要求
米ヤフー、事業売却決定で解体へ
この時間のスポーツ
ロシアの五輪参加、可否の手続き着手
女子ゴルフ、野村は22位
横審、稀勢の里の昇進に優勝求める
創志や大曲工、夏の甲子園初出場
体操男子日本代表に南米の洗礼
都市対抗野球、決勝はトヨタ―日立
桐生、400リレーのメダルに意欲
フィギュアの強化合宿を公開
五郎丸、リオ五輪7人制代表へエール
陸上1600mリレーで日本出場権

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd