佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
60年に1度 リュウゼツランが開花

 佐賀県武雄市山内町立野川内地区の力武義彦さん(86)宅で、60年かけてたった一度花を咲かせる「リュウゼツラン(竜舌蘭)」が開花した。アロエのお化けのような台座から屋根より高く伸びた8メートルの枝先に結んだ無数の小さい黄色の花を一目見ようと、近所の人たちが訪れている。

 

 リュウゼツランは中南米の熱帯地域の原産で、半世紀かけて花を咲かせるとその一生を終える。「何も知らず、珍しいと思って」と息子の力武博史さん(63)が50年以上前の子どもの頃、佐世保市の公園で見つけて自宅の庭に植えた。

 

 「特別に手入れもせず庭の景色に完全に溶け込んでいた」(博史さん)が、5月中旬ごろから枝が伸び始め、急速に成長した。いよいよ開花というときに台風6号が接近したが、庭木や柱にくくりつけて何とか難を逃れた。

 

 博史さんは「いざ花が咲いてみるとあっという間で少しさみしい気もする。子株を次の世代譲って育ててもらおうと思う」と話していた。2世の子株も順調に育っている。

2011年08月01日更新
力武さん宅で咲いたリュウゼツランの花=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で咲いたリュウゼツランの花=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で花を咲かせたリュウゼツランは近所の話題になっている=武雄市山内町立野川内地区

力武さん宅で花を咲かせたリュウゼツランは近所の話題になっている=武雄市山内町立野川内地区


この時間のニュース
日米豪首脳会談、北朝鮮圧力確認へ
障害者送迎バス転落、18人軽傷
都民ファ失速、葛飾区議選で4人落選
橋爪遼被告に有罪判決、覚醒剤使用
内定辞退、最多の6割超
西武の野上が国内FA権行使へ
イラン・イラク国境でM7・3の地震
辺野古、14日に石材海上搬入
サウジ砂漠に謎の構造物発見
共通テスト試行開始、19万人参加
この時間のスポーツ
西武の野上が国内FA権行使へ
サッカー日本、風雨の中で戦術練習
女子ゴルフランク、野村は31位
自動車F1、フェテルが今季5勝目
シニアゴルフ、サザーランドが総合V
トランポリン女子個人で岸が銀メダル
スケート女子千で小平V、高木2位
卓球女子の早田、平野組が優勝
プロ野球、“チャレンジ”来季導入へ
W杯回転、湯浅ら2回目に進めず

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd