佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
親のDV被害、目の当たりにした子へ 心理ケアの絵本

 佐賀県DV総合対策センターは、配偶者や恋人からの暴力(DV)被害者の子どもの心理ケアを目的にした絵本を作成した。DVにさらされた子どもの支援方法については全国的にも確立しておらず、模索している段階。読み聞かせをする大人向けの副読本も作り、読む際の心構えなどを盛り込んだ。

 

 絵本は『たまごになっちゃった?!』。母親が父親に暴力を受け、卵の殻に閉じこもった子ブタのプータが主人公。ニワトリや森の4人の仲間が優しく声をかけ温め続けると卵が割れ、プータは「こわかったよ」「泣きたかったよ」と心の叫びを表に出すというストーリーになっている。

 

 2004年に一部改正された児童虐待防止法で、「家庭内でDVを目撃する環境自体が心理的な虐待にあたる」と定義されるなど、近年、DVが子どもの心と体に大きな影響を与えることが認識されるようになってきた。

 

 県DV総合対策センターによると、県内で母親と一時保護施設に避難する子どもの多くは就学前の児童で、年間約50人程度。「お父さんがお母さんにひどいことをするのは、わたしが悪いから」などと自分を責め、1人で悩みを抱え込む子どもが多いため、「話していいんだよ」というメッセージを伝えようと、絵本を作成した。

 

 原健一所長は「DVで受けた傷が癒えないまま大人になると、対人関係がゆがむなど将来にわたって影響が大きい。普段子どもにかかわる仕事をする人に、一度手にとってほしい」と話す。

 

 絵本と副読本は「NPO法人DV防止ながさき」の協力で200部を作成し、文はひらまつうたこさん(佐賀県)、絵はひぐちゆうこさん(福岡県)が担当した。九州各県の一時保護施設に送付、県内ではアバンセ1階の情報サービスフロアで閲覧できる。

2011年08月22日更新
絵本『たまごになっちゃった?!』。読み聞かせをする大人用の副読本も作成した

絵本『たまごになっちゃった?!』。読み聞かせをする大人用の副読本も作成した


この時間のニュース
森友問題で佐川氏停職、20人処分
東芝パソコン事業、シャープに売却
グアテマラ噴火死者62人に
小2女児殺害疑いで再逮捕、新潟
米軍オスプレイ緊急着陸、鹿児島
サッカーW杯日本代表、午後も調整
米朝会談、12日午前10時から
首相、拉致「解決済み」拒否を要請
強制不妊「学問的に問題」
香港で天安門事件の犠牲者追悼集会
この時間のスポーツ
サッカーW杯日本代表、午後も調整
東京五輪の「金」30個目標
テニス、穂積・二宮組が8強入り
東京六大学野球、早大が3位
球宴ファン投票、松坂セ先発でトップ
高安、新大関栃ノ心に刺激
ルワンダ、英サッカー強豪と巨額契約
サッカー日本代表が合宿地で初練習
ゴルフ全米女子OP、アリヤが優勝
NBA決勝、王者ウォリアーズ2連勝

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd