佐賀新聞電子版

佐賀新聞

電子版ログイン 新規申込 サンプルはこちら
文字拡大 文字を大きくする 文字の大きさを戻す 文字を小さくする

購読のお申込み

PR
PR
PR

佐賀新聞ニュース&スポーツ

この時間のニュース
スポーツニュース

おすすめ情報

木材シンポ

木材利用ポイントシンポジウム
豊富な森林資源を活用し、地域を活性化しよう

ブライダルさが

結婚情報サイト「ブライダルさが」
マイルーム機能、ドレス検索など、お二人の素敵なブライダルを演出します。

Q_Jin_60_60.gif

県内求人情報 「Q-Jin」
1週間以内に紙上に掲載されたQ-Jinの情報を掲示しています。

さが就活ナビ

佐賀で働く人へ「さが就活ナビ」
2014年卒業予定の学生および既卒者、中途採用向けの県内就職情報はこちら

子育て応援の店

子育て応援の店事業
登録店で会員証を提示すると、子育てにやさしいサービスが受けられます。

h_saganews.gif

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
玄海町が原子力広報アニメ製作へ 住民から疑問の声も

 東松浦郡玄海町は原子力広報用アニメの製作に向け、委託業者を募集している。製作費は800万円で、国の原発関連交付金を活用する。本年度中に行政放送などで流す予定だが、福島第1原発事故を受け、昨年度に作った広報ビデオも公開を見送っている状況。九州電力の「やらせ問題」などで原発の再稼働が不透明な中、住民からは「この時期に広報などできるのか」と疑問の声が上がっている。

 

 アニメ(15分間)は低年齢層向けで、小学4、5年生が理解できる内容が条件。製作費800万円は、国の原子力広報・安全等対策交付金を充てる。公募は26日までで、1月末までに作り、年度内に行政放送や町ホームページで公開することにしている。

 

 しかし、福島第1原発の事故は半年近くたった今も収束の見通しが立たず、第三者機関の事故検証も始まったばかり。九電に加え、国の「やらせ要請」も発覚し、再稼働の見通しは立っていない。

 

 こうした中で、町が原発広報を進めることに住民は冷ややかな反応。玄海原発の説明番組に出演した平田義信さん(49)は「事故も収束していないのに、広報などできるのか。事故で分かったのは、人間が原発を制御することの難しさ。危険性も指摘しないと意味はないが、それだと採用されないだろう」と話す。

 

 学校関係者も「地域や家庭で言葉を尽くし、原発とどう向き合うかを考えることが大切。アニメでそれができるだろうか」と疑問を投げ掛ける。

 

 町が昨年度に製作した広報ビデオも活用されていない。同交付金事業で、費用は約700万円。住民向け学習会の様子を2時間にまとめたもので、事故で破綻した原発の「止める、冷やす、閉じ込める」機能が内容に含まれていた。このため、町は「中身を修正し、流すタイミングを探っている」という。

 

 ビデオが活用されていないことについて、町は県や国に事情を報告。経産省は「不測の事態で仕方ない」と理解を示す一方、会計検査院は「詳しく調べないと分からない」としながらも「税金の使い方としては問題がある」と指摘している。

2011年09月06日更新

ロード中 関連記事を取得中...

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd