佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「武雄北方インター工業団地」完成、分譲開始

 武雄市北方町に造成中だった武雄北方インター工業団地(分譲面積約19ヘクタール)が完成し、3日に竣工式と分譲開始式が現地であった。同インターから数分という交通アクセスの良さと、国内最大級の優遇策をアピールする。ただ、超円高で海外展開を模索する企業は多く、不透明感も漂う中での船出となった。

 

 県と市が共同で整備した新産業集積エリアの一つ。総事業費は約26億円で、昨年5月から造成していた。半導体などICT関連や精密機器、太陽光パネル工場などを誘致したい意向だ。

 

 市は誘致を有利に進めるため、工業団地すべてを一括して企業が取得すれば6億円、10ヘクタール以上取得の場合は3億円を交付するなど手厚い優遇策を用意した。分譲価格は1坪(約3・3平方メートル)4万7千円、一括購入して6億円の補助金を差し引くと3万6千円となる。

 

 26億円の資金は市債で賄ったが、利息の償還はピーク時で年間約3500万円に上る。早期に分譲しないと金利がかさむため、樋渡啓祐市長は式後の会見で「5年以内の分譲を目指し、塩漬けにならないように努力する。誘致促進のために担当者を増やし、二の手、三の手(の優遇策)を考える」と話した。

 

 約120人が出席した分譲開始式のあいさつで古川康知事は「経済情勢は厳しいが、政府は国内立地に本腰を入れようとしているし、震災で西日本に拠点を持ちたいという企業もある」と期待を示した。

2011年10月04日更新
分譲が始まった武雄北方インター工業団地。交通アクセスの良さと国内最大級の優遇策で誘致をアピールする

分譲が始まった武雄北方インター工業団地。交通アクセスの良さと国内最大級の優遇策で誘致をアピールする


この時間のニュース
原発事故、国の賠償認めず
メキシコで日本救助チームが活動開始
米携帯2社、近く合併合意の見通し
英首相、移行期間「2年」を提案
「強い意志で改善を」高橋さん母会見
早実の清宮、プロ志望を表明
火星の衛星フォボスに着陸へ
米、北朝鮮の貿易・金融を締め付け
電通社長、違法残業謝罪
菅氏、臨時国会の28日召集を伝達
この時間のスポーツ
早実の清宮、プロ志望を表明
豪栄道3敗目、1差に日馬と朝山
広5―0巨、中村祐が7回無失点
バドジャパンOP、奥原が準決勝進出
テニス、ムグルサとケルバーが4強
サッカーU―17W杯に久保ら21人
板橋が女子板飛び込み4連覇
女子ゴルフ、34歳の飯島が首位発進
ジャパンパラ陸上、王者が意気込み
男子ゴルフ、首位高山は2位に6打差

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd