佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀の酒5銘柄が金賞を獲得 全米日本酒歓評会

 米・ハワイで行われた全米日本酒歓評会で佐賀県の5銘柄が金賞、3銘柄が銀賞を受賞した。日米合わせて154の蔵元が326品を出展し金賞86銘柄、銀賞91銘柄を選んだ。熊本と大分からも参加した九州勢で入賞したのは佐賀の銘柄だけだった。

 

 国際的なワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2011」の日本酒部門で富久千代酒造(鹿島市)の「鍋島 大吟醸」が獲得した世界一に続き、佐賀の酒造りのレベルの高さを示した。

 

 歓評会は国際酒会が9月に開催。入賞した銘柄は、翌日開かれた国外最大の日本酒イベント「ジョイ・オブ・サケ」で提供され、ハワイの日本酒ファン約1200人が堪能した。ジョイ・オブ・サケは21日にニューヨークでも開催。11月8日には東京で開かれる。

 

 3年連続で金賞を受けた矢野酒造(鹿島市)の矢野善紀社長(62)は、佐賀の蔵元の健闘に「若手を中心に研究が盛んでレベルが上がっている。国内でも日本酒に目を向けてもらい、佐賀全体の日本酒の盛り上げにつなぎたい」と話した。

 

 金賞に輝いたのは、吟醸の部で、富久千代酒造の「鍋島純米吟醸雄町」と「鍋島サマームーン」、天山酒造(小城市)の「七田純米吟醸」、矢野酒造の「純米吟醸肥前蔵心」、純米の部で天山酒造の「地酒天山」。銀賞は、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)で窓乃梅酒造(佐賀市)の「純米大吟醸花乃酔」、純米の部で富久千代酒造の「鍋島生?純米酒」、矢野酒造の「生?純米酒肥前蔵心」が受賞した。(北島郁男)

2011年10月26日更新

この時間のニュース
小松基地でミサイル数発が損壊
韓国大統領が朝鮮半島の緊張回避要求
首相の所信表明演説なしに冒頭解散へ
糖尿病疑い、初の1千万人
文化庁が16年度国語世論調査
清宮選手、22日に進路を表明
首相、北の核放棄へ「圧力」要請
民進、衆院選公約に首相の解散権制約
日銀、大規模緩和を維持
小5、6年の英語新教材を公表
この時間のスポーツ
清宮選手、22日に進路を表明
秋場所12日目、豪栄道は2敗
バドのジャパンOP、奥原が8強
広5―7神、阪神が5点差逆転勝ち
日6―4ソ、大谷6回1失点で2勝目
西3―4ロ、ロッテが3連勝
楽4―7オ、吉田正が逆転3ラン
男子ゴルフ、高山忠洋が首位発進
東レテニス、奈良は2回戦で敗れる
中日の森野が現役引退へ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd