佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
枝野経産相、玄海再稼働認めず 九電、第三者委対立で

 九州電力の「やらせメール」問題で、枝野幸男経済産業相は17日、古川康佐賀県知事の関与をめぐり、同社が第三者委員会の元委員と対立している事態を受け、玄海原発(東松浦郡玄海町)など同社の原発の再稼働を当面は認めない考えを示した。

 

 参院予算委で社民党の福島瑞穂党首の質問に答えた。

 

 枝野経産相は「自ら委託した第三者委が提出した報告書を受け止めることもなく、第三者委メンバーとトラブルになっているガバナンス(企業統治)状況では、到底、再稼働を認めることができる会社ではない」と九電を批判。その上で第三者委と対立したままの状態では、再稼働を認めない考えを示した。福島党首が九電の態度を「傲岸(ごうがん)不遜」と表現したことに対しても「九電に対する評価は全く同感」とも述べた。

 

 また、「第三者委から関与を指摘されている知事が(再稼働について)公正な判断ができるのか」との質問には「知事は民主主義の手続きに基づき、選挙で県民が選んでおり、私が申し上げる立場ではない」と言及を避けた。

 

 九電が設置した第三者委は「知事の発言がやらせの発端」と認定した報告書を同社に出したが、九電は知事の関与を認めない報告書を経産省に提出。第三者委の郷原信郎元委員長らとの間で、知事の関与などをめぐって見解が分かれ、公開質問状を送り合う対立が続いている。

 

 九電は、近く経産省に報告書を再提出する予定。古川知事や佐賀県の関与について修正するかどうかが焦点で、枝野経産相の発言がどう影響するかが注目される。

 

 九電幹部は17日夜、福岡市で記者団に対し、「枝野経産相は以前から同様の発言をしている」としながらも、「何回聞いても厳しい発言だ」と声を落とした。

2011年11月18日更新

この時間のニュース
小松基地でミサイル数発が損壊
韓国大統領が朝鮮半島の緊張回避要求
首相の所信表明演説なしに冒頭解散へ
糖尿病疑い、初の1千万人
文化庁が16年度国語世論調査
清宮選手、22日に進路を表明
首相、北の核放棄へ「圧力」要請
民進、衆院選公約に首相の解散権制約
日銀、大規模緩和を維持
小5、6年の英語新教材を公表
この時間のスポーツ
清宮選手、22日に進路を表明
秋場所12日目、豪栄道は2敗
バドのジャパンOP、奥原が8強
広5―7神、阪神が5点差逆転勝ち
日6―4ソ、大谷6回1失点で2勝目
西3―4ロ、ロッテが3連勝
楽4―7オ、吉田正が逆転3ラン
男子ゴルフ、高山忠洋が首位発進
東レテニス、奈良は2回戦で敗れる
中日の森野が現役引退へ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd