佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀県の人口、2035年には2割減の68万人

 九州経済調査協会(福岡市)が発表した九州7県と山口、沖縄の人口将来推計によると、2035年の佐賀県の人口は68万1千人で、10年の85万人に比べ、20%の減少を見込んでいる。市町別でみると、増加は20%増の鳥栖市だけで、藤津郡太良町の44%減をはじめ、19市町で減少すると予測している。

 

 佐賀県は、最近5年間では2%程度だった人口減少率が上昇し、25~30年には5%台に突入。15年に82万7千人、25年に76万3千人、35年には68万1千人にまで減るとみている。少子高齢化も進み、35年の人口のうち、65歳以上が占める割合は10年比9・2ポイント増の33・8%、14歳以下は2・2ポイント減の12・4%を見込む。同協会は「大学生や社会人になる際の県外流出が大きいため」と分析する。

 

 市町別に35年の人口をみると、減少率が最も大きいのは太良町で、44%減の5500人。次いで杵島郡大町町が39%減の4400人、東松浦郡玄海町が39%減の3900人と続く。佐賀市は県平均とほぼ同じ19%減で、19万3200人。唐津市は27%減の9万2500人で、10万人を切ると予測している。

 

 一方、増加は鳥栖市だけで、20%増の8万2600人と予測。九州新幹線の開通や宅地開発の影響を受け、特に30~40代のファミリー層の流入が多いとみている。

 

 九州7県と山口、沖縄では、出生率が全国1位で移住ブームも続いている沖縄だけが増加。現在は微増傾向にある福岡は、20年ごろから減少に転じるという。佐賀と同様、ほかの6県も減少傾向が続き、特に山口と長崎は10年比で3割近い大幅減と予測。9県を合わせた人口は16・1%、258万6千人減の1346万2千人を見込む。

 

 ただ、前回(07年)の推計に比べ実際の人口減少ペースは緩やか。同協会は「05~10年の出生率がいずれの県も回復した。今後も出生率が上昇すれば減少は抑えられる」と話す。また、「地元志向の高まりなど変化があれば、次回以降の推計で反映される」としている。

 

 推計人口は10年の国勢調査を基に、過去の出生率や移動率などと比較して算出した。

2012年02月06日更新

この時間のニュース
原発事故、国の賠償認めず
メキシコで日本救助チームが活動開始
米携帯2社、近く合併合意の見通し
英首相、移行期間「2年」を提案
「強い意志で改善を」高橋さん母会見
早実の清宮、プロ志望を表明
火星の衛星フォボスに着陸へ
米、北朝鮮の貿易・金融を締め付け
電通社長、違法残業謝罪
菅氏、臨時国会の28日召集を伝達
この時間のスポーツ
早実の清宮、プロ志望を表明
豪栄道3敗目、1差に日馬と朝山
広5―0巨、中村祐が7回無失点
バドジャパンOP、奥原が準決勝進出
テニス、ムグルサとケルバーが4強
サッカーU―17W杯に久保ら21人
板橋が女子板飛び込み4連覇
女子ゴルフ、34歳の飯島が首位発進
ジャパンパラ陸上、王者が意気込み
男子ゴルフ、首位高山は2位に6打差

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd