佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
佐賀県内65歳以上の介護保険料、4月から引き上げ

 4月から改定される65歳以上の第5期(2012~14年度)介護保険料で、佐賀県内7保険者すべてが保険料を引き上げる。基準額で月310~1180円増加する見込み。高齢化によるサービス給付費の増大などが理由で、4保険者は月額5千円を超える。

 佐賀新聞社が県内七つの保険者に取材してまとめた。改定後、最も高いのは伊万里市の月額5795円で、最も低い玄海町(4100円)と1695円の差がある。改定は3年ごとで、各市町議会などで改正手続きが終わる3月末に正式決定する。

 引き上げ幅が最も大きいのは有田町で、4612円から25・6%増の5792円に上昇。同町は4期(09~11年度)の保険給付費が見込みを上回り、財政安定化のため、県から3500万円を借り入れた。「次期保険料には返済分が反映され、3%ほどの上乗せとなった」と説明する。

 佐賀、小城、多久、神埼、吉野ケ里の5市町で構成する佐賀中部広域連合も4292円から22・8%増の5270円に引き上げる。基金取り崩しで上昇を抑制したが、活用できる基金が前回改定時の約7割にとどまったことや介護報酬アップが影響した。

 基準額が最高となった伊万里市はデイサービスなど居住系のサービス利用が多く、1人当たりの給付費が県平均より4千円高い2万8100円(11年9月)となったことなどを要因に上げる。最も低い玄海町は、介護予防教室に町民が意識的に参加していることなどにより、認定者数が横ばいとなっていることが背景にあるとみている。

 県長寿社会課によると、県内で要介護(要支援)と認定された人は3万9069人(11年9月)で、制度開始当初の1・7倍。給付費は2000年度の333億円から、09年度は535億円に増加している。

 介護保険の費用は利用者が1割を負担。残りのうち半分は税金、約2割が65歳以上の保険料、約3割が40~64歳の保険料で賄われている。

2012年03月19日更新
※唐津市の4期は年ごとに保険料が変動している。数字は11年度

※唐津市の4期は年ごとに保険料が変動している。数字は11年度


この時間のニュース
マクロン、ルペン氏決選へ
日米首脳、北朝鮮に挑発の自制要求へ
東芝、主要4事業の分社化決定
東証続伸255円高、3週間ぶり高値
沖縄・嘉手納基地で米軍が降下訓練
佐賀県、玄海再稼働同意を午後表明
「朝鮮人追悼碑」の展示取りやめ
落語家の三遊亭円歌さんが死去
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
新茶初取引、手もみ茶に1キロ百万円
この時間のスポーツ
NBA、王者キャバリアーズ突破
NHLキャピタルズなど準決勝へ
大リーグ、青木のアストロズが首位
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
大リーグ、ダル8回2失点で2勝目
石川遼、大きく崩れて72位
サッカー、バルサがレアルに競り勝つ
カーリング、小笠原・阿部組が初勝利
自動車、佐藤琢磨は9位
テニスの錦織圭、世界ランク7位後退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd