佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
背振山地は好適地 リニアコライダー国際研究者ら視察

 素粒子物理学の巨大実験研究施設「国際リニアコライダー」(ILC)の国際的な研究者グループ約60人が22日、国内候補地となっている佐賀県の脊振山地を視察した。施設は強固な地盤が重要な条件で、研究者たちは岩盤をハンマーでたたいて確認、「好適地」と高く評価した。

 ILCは、地中に約30キロのトンネルを通す巨大実験装置。電子と陽電子を光に近いスピードまで加速して衝突させ、宇宙誕生の瞬間(ビッグバン)を再現する。

 視察したのはILCの核となる測定器の国際的研究者グループで、23日から福岡市で開かれる国際会合に出席するために来日。佐賀大学の杉山晃理工学部教授らも同行し、唐津市厳木町にある九州電力の天山揚水式発電所と同市七山の観音の滝の2カ所で強固な地盤を確かめた。

 発電所は地下約500メートルに作業用トンネルがあり、「ILCのトンネルのイメージに似ている」(杉山教授)として視察。研究者は直径5メートルほどのトンネルを歩き、むき出しになっている岩盤をハンマーでたたいて調べた。観音の滝にも岩盤が地表に露出している場所があり、同様に研究者が岩盤の固さを確認した。

 視察したフランス人の男性研究者(42)は「岩盤が固く、良い状態といえる。欧州には既に別の素粒子研究施設があるため、個人的には日本にできることはいいことだと思う」と話した。

 ILCは、世界の研究者が共同して進める国際プロジェクト。誘致できれば地域が国際研究都市になるなど大きな波及効果も見込まれるため、注目を集めている。国内では佐賀、福岡両県が推進する脊振山地と北上山地(岩手県)の2カ所に絞られている。

 候補地選定のスケジュールは未定だが、今年中に研究施設の柱となる加速器と測定器の設計が完了する見込みとなっている。

2012年05月23日更新
脊振山地の岩盤をハンマーでたたき、固さを確認する国際研究者グループ=唐津市厳木町の天山揚水式発電所

脊振山地の岩盤をハンマーでたたき、固さを確認する国際研究者グループ=唐津市厳木町の天山揚水式発電所


この時間のニュース
文科省天下り、組織ぐるみと認定
米でトランプ氏への抗議相次ぐ
中国、GDP6・7%成長に減速
大寒の列島、気温低く大雪暴風警戒
米次期長官、強いドル長期的に重要
ゴルフ、谷原ら3人が首位発進
自殺者、22年ぶり「低水準」
日銀、ゼロ金利解除「意見一致」強調
トランプ次期大統領が首都入り
フィギュア、ロシアの参加禁止求める
この時間のスポーツ
米ゴルフ、石川69で34位発進
卓球の全日本、伊藤美誠が5回戦敗退
ゴルフ、谷原ら3人が首位発進
バスケ女子代表監督にホーバス氏
大関豪栄道が右足首負傷で休場
陸上短距離の福島がプロ転向へ
ハンドボール日本は1次リーグ全敗
全豪OP、ジョコビッチ敗れる波乱
シャルケの内田、内転筋に痛み
ヤンキースの開幕戦はデーゲーム

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd