佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「親の心理解し寄り添って」 発達障害児保育で研修

 佐賀県療育支援センターは7日、発達障害児への理解を深め、早期療育の必要性を再確認するため、障害児保育研修会を佐賀市で開いた。広島国際大心理科学部の伊藤啓介准教授が「親の心理の理解と連携」のテーマで講演、子どもの療育の前に保護者の心理状況を理解し、段階に応じたサポートが必要と訴えた。

 伊藤准教授は、子どもの障害を知った保護者はショックを受けると指摘。その後、障害自体の否定、自分や他者への怒り、罪の意識と悲しみを含んだ自責、悲嘆を経て、ようやく全てを内包して受け入れられるなどと説明した。

 その上で、「保護者のこれまでの経験や努力を理解し、寄り添うべき。子どもに対する指導や対応法を一緒に考えることが大切で、親が発達障害についてしっかりと理論を学び、療育技術を習得できれば早期療育にもつながる」と強調した。

 研修会は県内の保育所や幼稚園、市町の福祉担当者ら250人が聴講した。

2012年08月08日更新
「親の心理状況の段階に応じた支援が早期療育につながる」と話した伊藤啓介准教授=佐賀市のアバンセ

「親の心理状況の段階に応じた支援が早期療育につながる」と話した伊藤啓介准教授=佐賀市のアバンセ


この時間のニュース
清原和博被告に午後判決、東京地裁
4月の鉱工業生産0・3%上昇
特捜部、甘利氏を近く不起訴へ
与党、消費増税延期容認へ
野党、午後に内閣不信任案提出へ
マリナーズ青木は4打数無安打1得点
秋田の山中に遺体、クマ襲撃か
4月の求人倍率1・34倍に改善
北・東日本、雷雨や突風に注意
受動喫煙で1万5千人死亡、厚労省
この時間のスポーツ
マリナーズ青木は4打数無安打1得点
ダルビッシュ、次回球数は状態次第
プロ野球交流戦、31日開幕
インディ500、佐藤は26位
バスケNBL、東芝神奈川が初白星
全米女子ゴルフの日本地区予選を開催
日本柔道は全階級で五輪出場権
田中、3戦連続勝利へ投球練習
全仏オープン、錦織8強ならず
マーリンズのイチローは5打数無安打

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd