佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「二丈浜玉道路」来春無料化 福岡の未償還分、公費で

 佐賀、福岡両県の道路公社が管理する二丈浜玉有料道路(唐津市浜玉-糸島市二丈、8・5キロ)が、来年4月から無料化することが確実になった。福岡県側の事業費の借り入れ返済が同年3月末の期限に間に合わず、当初予定していた無料化を先送りする可能性があったが、同県は未返済分約30億円を公費で補てんする方向で調整を進めている。

 佐賀県の関係者によると、無料化後は道路管理者が公社から国に移るため、国土交通省の佐賀、福岡両国道事務所と移管の準備を進めているという。福岡県側は知事の正式な了解が得られれば、議会に公金支出など無料化に関する議案を提出する。

 二丈浜玉有料道路は福岡市と唐津市を結ぶ国道202号のバイパスとして、1983年度に開通。佐賀、福岡両県公社は建設費約172億円を30年で返済し、来年4月1日から無料開放する予定だったが、通行料(普通車360円)収入が当初計画の6割にとどまっていた。

 佐賀側は、民間金融機関の有利子負債を県の無利子融資に借り換えてやり繰りし、負担金約36億円のうち県の出資金約7億8千万円を除く全額を完済。一方、福岡側は民間からの借入額が大きく、約30億円の未返済金が残った。このため、佐賀県は福岡県が未返済分を公金で補てんするか、無料化の時期を遅らせて通行料の徴収を続けるか、判断するのを待っていた。

 無料化については、唐津地区の経済界が福岡都市圏からの観光客流入が期待できるとして、佐賀、福岡両県に要望していた。

2012年09月07日更新

この時間のニュース
大阪の停電、復旧に11時間
北朝鮮、新型SLBMを開発か
カードローン特別調査へ、金融庁
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
厚労省、認知症治療へゲノム管理
核廃絶へ、長崎アピールを政府に提出
ロシア、北方領土を経済特区に指定
「マクド」勝利受けHPの一部関西弁
東芝半導体売却、WD陣営に絞り込む
国会、来月25日からの週で一致
この時間のスポーツ
夏の甲子園、花咲徳栄が初優勝
文田がグレコで金、日本勢34年ぶり
イチローは1安打3打点
ヤンキースの田中が9勝目
青木、初回に先頭打者本塁打
サッカー、本田がデビュー戦で得点
東京地検、巨人の山口投手を不起訴に
WBC王者の比嘉が10月に初防衛戦
FC東京・中島がポルトガル1部へ
世界バド、山口が16強入り

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd