佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「尖閣、明代は無主地」 石井准教授が反論

 中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島の歴史について、長崎純心大学准教授の石井望氏が30日、佐賀市で講演した。石井氏は漢文史料をもとに、清の初期の領土は中国大陸に近い現在の台湾・馬祖島までだったと指摘。尖閣諸島は明代から領土だったとする中国の主張に対し「持ち主のいない無主地だったことは明確」と反論した。

 石井氏は、清の琉球使節が往路を詠んだ詩集にある「東沙山(馬祖島)を過ぐればこれ〓山(びんざん)(福建省の陸地)の尽くるところなり」という一首から、清の領土が馬祖島までだったと説明。明代に皇帝に提出された上奏文にも、尖閣諸島のうち大正島が「琉球の境」と記されていると紹介した。

 そのうえで「これまで日本側は『明の地理書には尖閣諸島は載っていない』と主張するだけだったが、これからは『地理書が示す明の領土はここまでだった』と訴えられる」と話した。

 講演会は日本会議県本部の総会に合わせて開き、約50人が聴講した。

※〓は「もんがまえ」に虫

2012年10月03日更新
「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館

「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館


この時間のニュース
トランプ氏、米朝首脳会談の延期示唆
奄美・沖縄の世界遺産推薦取り下げへ
不妊手術に質問「無視を」と厚生省
日大選手「反則は監督らの指示」
フマキラー、4人のTOKIOでCM
巨8―0広、山口俊が2年ぶり完封
絶滅危惧の生物、41種増加
中国、自動車関税15%に引き下げ
アマゾン、東京勤務の千人新規採用
名古屋の病院から鑑定留置中の男逃走
この時間のスポーツ
日大選手「反則は監督らの指示」
巨8―0広、山口俊が2年ぶり完封
バレー日本女子、米国に敗れる
関脇栃ノ心、10連勝で首位守る
バドの日本男子、2連勝で8強へ
サッカー代表、合宿でミニゲーム
D0―8中、中日の山井が完封
神8―3ヤ、阪神が快勝
ソ5―3西、摂津が2年ぶり白星
楽0―10オ、オリが10得点で大勝

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd