佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「尖閣、明代は無主地」 石井准教授が反論

 中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島の歴史について、長崎純心大学准教授の石井望氏が30日、佐賀市で講演した。石井氏は漢文史料をもとに、清の初期の領土は中国大陸に近い現在の台湾・馬祖島までだったと指摘。尖閣諸島は明代から領土だったとする中国の主張に対し「持ち主のいない無主地だったことは明確」と反論した。

 石井氏は、清の琉球使節が往路を詠んだ詩集にある「東沙山(馬祖島)を過ぐればこれ〓山(びんざん)(福建省の陸地)の尽くるところなり」という一首から、清の領土が馬祖島までだったと説明。明代に皇帝に提出された上奏文にも、尖閣諸島のうち大正島が「琉球の境」と記されていると紹介した。

 そのうえで「これまで日本側は『明の地理書には尖閣諸島は載っていない』と主張するだけだったが、これからは『地理書が示す明の領土はここまでだった』と訴えられる」と話した。

 講演会は日本会議県本部の総会に合わせて開き、約50人が聴講した。

※〓は「もんがまえ」に虫

2012年10月03日更新
「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館

「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館


この時間のニュース
米朝、非核化攻防へ
拉致問題「解決済み」と言及せず
世界9カ国で核弾頭1万4千発超保有
万博誘致、山中伸弥氏が大阪アピール
新幹線殺傷の容疑者「社会恨んでる」
プルトニウム製造限定し増加抑制
二階氏、新潟新知事の慎重方針容認
天然記念物・奈良のシカ、首に矢?
サッカーW杯、日本がカザンへ出発
将棋の女流王位戦、渡部が初タイトル
この時間のスポーツ
26年サッカーW杯は3カ国共催
サッカーW杯、日本がカザンへ出発
日8―7神、日本ハムが逃げ切る
ロ6―1D、ロッテが5割復帰
ソ4―2巨、市川が逆転2ラン
楽3―6中、小笠原が2勝目
西7―4ヤ、今井がプロ初登板勝利
スペイン、ロペテギ監督を電撃解任
幕下貴公俊力士を起訴猶予、示談成立
レスリング栄氏が14日に謝罪会見

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd