佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「尖閣、明代は無主地」 石井准教授が反論

 中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島の歴史について、長崎純心大学准教授の石井望氏が30日、佐賀市で講演した。石井氏は漢文史料をもとに、清の初期の領土は中国大陸に近い現在の台湾・馬祖島までだったと指摘。尖閣諸島は明代から領土だったとする中国の主張に対し「持ち主のいない無主地だったことは明確」と反論した。

 石井氏は、清の琉球使節が往路を詠んだ詩集にある「東沙山(馬祖島)を過ぐればこれ〓山(びんざん)(福建省の陸地)の尽くるところなり」という一首から、清の領土が馬祖島までだったと説明。明代に皇帝に提出された上奏文にも、尖閣諸島のうち大正島が「琉球の境」と記されていると紹介した。

 そのうえで「これまで日本側は『明の地理書には尖閣諸島は載っていない』と主張するだけだったが、これからは『地理書が示す明の領土はここまでだった』と訴えられる」と話した。

 講演会は日本会議県本部の総会に合わせて開き、約50人が聴講した。

※〓は「もんがまえ」に虫

2012年10月03日更新
「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館

「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館


この時間のニュース
大阪・八尾で住宅火災、3人死亡
朝鮮総連本部に発砲容疑、男2人逮捕
教師の銃携行にボーナスも提案
韓国代表、国連委で「性奴隷」使用
大リーグの大谷選手、25日に初登板
韓国、WTOの是正勧告で上訴へ
皇太子さま、新時代の要請応え真摯に
NYの百億円住居、デル創業者が購入
「銀河鉄道999」11年ぶり再始動
靖国神社の徳川宮司が3月に退任
この時間のスポーツ
大リーグの大谷選手、25日に初登板
サッカー酒井宏はフル出場
フリースタイル梅原は1回戦敗退
米男子ゴルフ、ノーレンらが首位発進
スキー銀の渡部暁、五輪直前に骨折
サッカーの吉田、負傷で5週間離脱へ
バスケ日本3連敗、B組最下位に
OAR選手がドーピング違反で失格
バイアスロン女子リレー、日本17位
ショートトラック、坂爪亮介は8位

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd