佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
「尖閣、明代は無主地」 石井准教授が反論

 中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島の歴史について、長崎純心大学准教授の石井望氏が30日、佐賀市で講演した。石井氏は漢文史料をもとに、清の初期の領土は中国大陸に近い現在の台湾・馬祖島までだったと指摘。尖閣諸島は明代から領土だったとする中国の主張に対し「持ち主のいない無主地だったことは明確」と反論した。

 石井氏は、清の琉球使節が往路を詠んだ詩集にある「東沙山(馬祖島)を過ぐればこれ〓山(びんざん)(福建省の陸地)の尽くるところなり」という一首から、清の領土が馬祖島までだったと説明。明代に皇帝に提出された上奏文にも、尖閣諸島のうち大正島が「琉球の境」と記されていると紹介した。

 そのうえで「これまで日本側は『明の地理書には尖閣諸島は載っていない』と主張するだけだったが、これからは『地理書が示す明の領土はここまでだった』と訴えられる」と話した。

 講演会は日本会議県本部の総会に合わせて開き、約50人が聴講した。

※〓は「もんがまえ」に虫

2012年10月03日更新
「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館

「明代は尖閣諸島は無主地だった」と解説する長崎純心大の石井望准教授=佐賀市民会館


この時間のニュース
米入国制限に人権団体が猛反発
破綻のタカタが株主総会、異例の開催
藤井四段、さらなる飛躍期待
調査団が北方領土へ出発
任天堂が復刻版スーファミ発売へ
新大関高安が名古屋場所へ本格始動
ブラジル大統領を起訴、汚職疑惑
フェイスブック、ドラマ配信へ協議と
中国の活動家、劉氏が末期がんで入院
首相、都議選初の応援
この時間のスポーツ
新大関高安が名古屋場所へ本格始動
ヨット・ア杯、エミレーツが優勝
4番手で登板の上原は無失点
楽4―4オ、楽天が九回に追い付く
打率4割の日ハム近藤、今季絶望か
柳田らが球宴ファン投票選出
世界陸上代表に多田、ケンブリッジら
大坂なおみが2回戦進出
男子ゴルフ、松山は2位で変わらず
大リーグ、ドジャースが首位浮上

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd