佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
原発「おことわり」 避難者が体験語る

 脱原発を呼び掛ける市民団体らによる「『原子力 おことわり!』11・11佐賀集会」が11日、佐賀市役所南公園で開かれ、約200人が参加した。東日本大震災の発生から1年8カ月、福島原発事故で佐賀県内に避難した福島県や千葉県の避難者が離ればなれになった家族への思いなどをスピーチ。新たに避難を考えている人への支援継続や、国内全ての原発廃止を訴えた。

 集会では、昨年8月に福島県から鳥栖市に避難した氏家剛さん(26)が地域の人から「薄情者」と言われながら避難した苦しい体験に触れ、「経済や農作物、人のつながりを壊すのが原発。ここまでして核をエネルギー資源とすべきなのか」と原発存続に反対。原発施設で被ばくし、体調不良になったとして労災申請している元作業員の梅田隆亮さん(福岡市)は「原発労働者が部品のように使い捨てにされてきた。十分な安全対策がとられていない以上、被害が出続ける」と訴えた。

 参加者は九州電力佐賀支社前を通るコースでデモ行進、「原発いらない」などと声を上げた。

 佐賀集会は、東京で開かれた集会に連動して実施した。

2012年11月13日更新
「原発いらない」とシュプレヒコールを上げながらデモ行進する参加者=佐賀市

「原発いらない」とシュプレヒコールを上げながらデモ行進する参加者=佐賀市


この時間のニュース
国公立大学2次試験始まる
国連安保理、シリア停戦決議採択
金メダルの高木菜選手「実感ない」
北朝鮮代表団が韓国訪問
米航空2社も銃団体への割引終了へ
米NYで日系人デモ、排外主義に反対
金熊賞はルーマニア監督作品
名脇役、左とん平さんが死去
環境省、ペット救護基準を改訂
防衛相「漁業補償に誠意持ち対応」
この時間のスポーツ
金メダルの高木菜選手「実感ない」
東京マラソン、設楽悠が2位
カーリング女子、銅メダルに笑顔と涙
カーリング女子はスウェーデンが優勝
羽生、宇野、宮原エキシビション出演
IOC、ロシアの処分継続を決定
大谷、先発でオープン戦デビュー
卓球W杯、日本男子が初の決勝へ
GS柔道、大野がリオ五輪後初の優勝
陸上サニブラウン、6秒65で決勝へ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd