佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
武雄市が年俸制導入へ 有能な職員に手厚く

 佐賀県武雄市が10月から、一部職員の給与に年俸制を導入する方針を固めたことが6日、分かった。有能な職員に大きな権限を持たせ処遇も手厚くすることで、幹部候補の育成と業務の活性化を図る。市によると地方自治体としては異例の試みという。

 課長級職員に部長級の権限と責任を持たせる「理事」などの役職を新設。希望者を募り、副市長ら審査委員が意欲や実績を基に5~6人を選抜し、3年間の年俸制契約を結ぶ。

 文部科学省が小中学生を対象に実施する「全国学力テスト」の得点や住民税の徴収率の向上など、成果を評価しやすい仕事に当たらせる。事前に定めた目標に達しない場合、元の役職に降格する可能性もある。

 年齢に応じて金額が決まる年功序列型の給与と違い、年俸は権限の大きさに応じて支払うため、1人当たり約200万円の昇給になるという。

 導入は樋渡啓祐市長が自身のブログで公表した。現在、副市長らとともに制度の詳細を詰めているという。樋渡市長は「権限を大きくすれば仕事のモチベーションが上がる。進路の選択肢を増やすことで、多様な人材を確保したい」と話している。

2013年01月06日更新

この時間のニュース
神経剤VXで正男氏毒殺、マ警察捜査
プレ金始まる、消費喚起へイベント
昭恵夫人が名誉校長辞任
相模原殺傷事件で元職員起訴
宮崎駿監督が長編製作復帰へ
モーグル堀島、ジャンプ中村らが金
財務省、国有地売却の交渉記録を廃棄
京都府医大学長に辞任勧告
ANAがピーチを子会社化
日生と住友の営業職賃上げへ
この時間のスポーツ
体操種目別W杯、白井が床運動で優勝
フィギュア、男子SPで宇野2位
ジャンプ中村が優勝、岩佐2位
カーリング日本男子、敗れて銀メダル
世界ノルディック複合、渡部暁は5位
日本代表合宿の則本、藤浪ら投球練習
プロ野球オープン戦、25日スタート
25年目のJリーグ25日開幕
26日に東京マラソン
競走馬のミホノブルボンが死ぬ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd