佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
小林裕児展 面長の人物描写、軽妙に

 「安井賞」受賞画家で春陽会会員の小林裕児さん(64)=埼玉県=の作品展が佐賀市で開かれている。異次元を思わせる“森”の中に、面長にデフォルメした人物や動物が浮遊感を漂わせながら登場し、さまざまな物語を展開している。

 油彩やテンペラ、版画を中心に、木のレリーフや金属板に描いた彩画など多彩な30点が並ぶ。「月待ち」は、深い闇に包まれた森で音楽家たちがアコーディオンやビオラを奏で、馬に乗った女性たちが踊る姿を妖しげに表現している。「山羊(やぎ)といる」は赤を基調に、細長い腕の女性ととぼけた表情の黒ヤギをユーモラスに捉えた。

 滝のある森の水辺で取っ組み合う男女や、白鳥を大事そうに抱き抱える男、帽子のように小さな家をかぶった女性などを表した作品が並び、独特の世界観に引き込まれる。スケッチブックも展示している。

 小林さんは東京芸大大学院修了。1987年に春陽展賞、95年に安井賞を受賞。多摩美術大教授の傍ら、ライブペインティングなど幅広い表現活動に取り組む。「画家はアカデミックな存在ではない。ライブパフォーマンスなどで音楽や文学など隣接するジャンルと密接に関係を結びながら制作している」と話す。

 ▽27日まで佐賀市天神の画廊憩ひ、電話0952(23)2353で。15、21日は休み。

2013年01月11日更新
「月待ち」(F50、パネル、テンペラ・油彩)

「月待ち」(F50、パネル、テンペラ・油彩)


この時間のニュース
首相、改憲公約化を指示
東芝会計に「虚偽記載」と監視委委員
ユニコーンガンダム立像、台場に
北朝鮮北東部で地震、情報錯綜
戦前の蟹工船日誌見つかる、愛媛
北方領土の元島民ら、初の空路墓参
なでしこリーグ、日テレが3連覇
メキシコ地震「72時間」経過
トランプ氏、水爆実験「惨事招く」
新党名「希望の党」で調整
この時間のスポーツ
ソ1―3楽、楽天が4季ぶり勝ち越し
ヤ1―8神、阪神が大勝
ロ3―4日、大谷が勝ち越しソロ
西5―0オ、野上がプロ初完封
なでしこリーグ、日テレが3連覇
男子板飛び込み、坂井が3連覇
豪栄道11勝目、日馬富士4敗守る
バドミントン、タカマツ決勝へ
男子ゴルフ、高山とサクサンシン並ぶ
中5―13D、DeNAが大勝

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd