佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
職員給与、税収反映 武雄市独自基準導入へ

 武雄市が職員の給与水準について、市の税収などに連動して増減させる制度を2014年度に導入する方向で検討を始めた。給与の決定過程の透明性を高めるのが狙い。市町村では人事院や都道府県人事委員会の勧告に準拠している場合が多く、基本給に独自の基準を導入するのは異例という。

 市によると、職員の基本給に関し、人事院勧告を尊重した上で、税収など独自指標を加味する。勧告と連動する部分を50%とし、残りの部分に税収などの増減率を反映させる方針。

 市は国家公務員の給与水準を定めた俸給表を活用しており、新制度では税収などの増減に基づき、俸給表に一定の係数をかける方法を検討している。係数の妥当性などを総務省や県と調整する。今年12月議会に関連条例の改正案を提出したい考え。

 地方公務員法は、地方公務員の給与を国家公務員や民間事業者との間で均衡を保つよう定めている。ただ、自治体による独自基準の設定を禁じてはいない。財政事情に応じて一時的な給与削減などをする自治体もあるが、武雄市のような新制度は異例という。

 樋渡啓祐市長は「公務員の給与がどうやって決められているか、市民は疑問を持っている。市民の所得が増えれば、市職員の給与も増えるし、その逆もあるようにしたい」と説明。人件費の削減が目的ではなく、「企業誘致など税収増に向けた取り組みで職員の意欲を高め、より市民の納得も得たい」と話す。

 武雄市は給与制度をめぐり、10月から一部職員に年俸制を導入する方針を既に明らかにしている。

2013年01月24日更新

この時間のニュース
小松基地でミサイル数発が損壊
韓国大統領が朝鮮半島の緊張回避要求
首相の所信表明演説なしに冒頭解散へ
糖尿病疑い、初の1千万人
文化庁が16年度国語世論調査
清宮選手、22日に進路を表明
首相、北の核放棄へ「圧力」要請
民進、衆院選公約に首相の解散権制約
日銀、大規模緩和を維持
小5、6年の英語新教材を公表
この時間のスポーツ
清宮選手、22日に進路を表明
秋場所12日目、豪栄道は2敗
バドのジャパンOP、奥原が8強
広5―7神、阪神が5点差逆転勝ち
日6―4ソ、大谷6回1失点で2勝目
西3―4ロ、ロッテが3連勝
楽4―7オ、吉田正が逆転3ラン
男子ゴルフ、高山忠洋が首位発進
東レテニス、奈良は2回戦で敗れる
中日の森野が現役引退へ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd