佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
ILC誘致、唐津に協議会 九州の自治体初

 国際リニアコライダー(ILC)の誘致を目指す産学官の連携組織「ILC唐津推進協議会」が19日、発足した。佐賀、福岡両県の脊振山地と岩手県の北上山地との間で国内候補地選びが本格化する中、九州の自治体で初めて推進組織を設立、「誘致に向け、唐津市が先頭に立ちたい」と意欲を見せた。

 協議会は唐津商工会議所など商工3団体、九州大が出資する「産学連携機構九州」、唐津市、地元高校でつくる「みんなの科学広場」で構成。会長には、唐津商議所の宮島清一会頭が就任した。

 ILC計画について市民の理解を深める講演会や広報活動に取り組むほか、脊振山地や唐津の特色などを国内外に情報発信していく。第1弾として3月16日に唐津シーサイドホテルで講演会を開催、講師に東京大素粒子物理国際研究センターの山下了准教授を招く。

 初会合で、宮島会長は「地域ぐるみでILC誘致の雰囲気づくりをしたい。講演会の日程は子どもたちが参加できるように配慮する」とあいさつ。顧問を務める坂井俊之市長は「交流人口の増加や新産業の集積など期待は大きい。実現に一歩でも近づくように一丸となる」と述べた。

 ILCは直線で30キロを超えるトンネルが必要で、脊振案の場合、唐津市七山地区などを通過する。建設や設備費に8千億円の巨費が必要で、世界で1カ所の設置となる。7月をめどに結論が出るとみられている国内候補地の選定に向け、誘致合戦も激しくなっている。

2013年02月20日更新
ILC唐津推進協議会の設立会であいさつする宮島清一会長(右から2人目)=唐津市の唐津商工会議所

ILC唐津推進協議会の設立会であいさつする宮島清一会長(右から2人目)=唐津市の唐津商工会議所


この時間のニュース
国公立大学2次試験始まる
国連安保理、シリア停戦決議採択
金メダルの高木菜選手「実感ない」
北朝鮮代表団が韓国訪問
米航空2社も銃団体への割引終了へ
米NYで日系人デモ、排外主義に反対
金熊賞はルーマニア監督作品
名脇役、左とん平さんが死去
環境省、ペット救護基準を改訂
防衛相「漁業補償に誠意持ち対応」
この時間のスポーツ
金メダルの高木菜選手「実感ない」
東京マラソン、設楽悠が2位
カーリング女子、銅メダルに笑顔と涙
カーリング女子はスウェーデンが優勝
羽生、宇野、宮原エキシビション出演
IOC、ロシアの処分継続を決定
大谷、先発でオープン戦デビュー
卓球W杯、日本男子が初の決勝へ
GS柔道、大野がリオ五輪後初の優勝
陸上サニブラウン、6秒65で決勝へ

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd