佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
高く昇れ 「五月のぼり」製作最盛期

 端午の節句を彩る「五月のぼり」の製作が最盛期を迎えている。小城市牛津町の「城島旗染工」(城島守洋社長)では、従業員らが伝統の手染め技法で、勇壮な武者絵や昇り竜などののぼりを丁寧に仕上げている。

 のぼりは縦7.5メートル、横85センチのサイズが主流。基本はオーダーメードで、顧客の希望を聞きながら絵柄や色合い、家紋、子どもの名前の字体を決める。絵柄は戦国武将や合戦絵巻のほか、辰(たつ)年生まれの子どもが初節句を迎えるため昇り竜が人気だという。製作は7~10日ほどかかり、ピークは4月上旬まで続く。

 城島社長は「今シーズンは250本ほど予定している。子どもさんや家族に喜んでもらえるように気持ちを込めて製作したい」と話した。

2013年03月04日更新
青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工

青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工


この時間のニュース
陸上自衛隊トップ、辞任へ
防衛相に経験者起用を検討
大阪地検、籠池夫妻を午後聴取
米FRB、資産縮小9月にも
英、ガソリン・ディーゼル車禁止へ
フェイスブック最高益更新
中国、拘束の邦人男性2人解放
世界水泳、200バタフライで瀬戸銅
新色の「青い菊」咲かせる
藤井聡太四段が公式戦34勝目
この時間のスポーツ
ワールドゲームズ、空手の植草がV2
世界水泳、200バタフライで瀬戸銅
ダルビッシュ、10失点KO
ボクシング、フューリーが引退表明
女子テニスの穂積は2回戦敗退
ヤクルトが10点差を逆転、タイ記録
神5―6D、DeNA単独2位
ジョコビッチ右肘治療、今季残り欠場
巨2―7広、広島が4連勝
フェンシング男子フルーレで日本7位

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd