佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
高く昇れ 「五月のぼり」製作最盛期

 端午の節句を彩る「五月のぼり」の製作が最盛期を迎えている。小城市牛津町の「城島旗染工」(城島守洋社長)では、従業員らが伝統の手染め技法で、勇壮な武者絵や昇り竜などののぼりを丁寧に仕上げている。

 のぼりは縦7.5メートル、横85センチのサイズが主流。基本はオーダーメードで、顧客の希望を聞きながら絵柄や色合い、家紋、子どもの名前の字体を決める。絵柄は戦国武将や合戦絵巻のほか、辰(たつ)年生まれの子どもが初節句を迎えるため昇り竜が人気だという。製作は7~10日ほどかかり、ピークは4月上旬まで続く。

 城島社長は「今シーズンは250本ほど予定している。子どもさんや家族に喜んでもらえるように気持ちを込めて製作したい」と話した。

2013年03月04日更新
青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工

青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工


この時間のニュース
森友学園の「埋め戻し」現場視察
首相、森友学園の「しつけに共鳴」
米国防費6兆円増額へ、10%アップ
岩埼被告に懲役14年6月
両陛下、ベトナム初訪問へ出発
大リーグ前田、初登板は2回1失点
都議会、代表質問スタート
米上院、ロス商務長官を承認
ワカサギ釣りの4人が池で死亡、岩手
来年末に2人が月旅行、米スペースX
この時間のスポーツ
高梨沙羅「個人戦で悔い残る」
カブス川崎は2打数1安打1盗塁
ドジャース前田は2回1失点
ダルビッシュ3・3登板の見通し
青木、WBCへ決意新たに
新横綱稀勢の里、大阪で本格始動
33歳世界王者の高山選手、高校卒業
サッカー、岡崎のレスター勝つ
ゴルフ松山、世界ランク4位に浮上
三浦知良、50歳出場に驚きと称賛

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd