佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
高く昇れ 「五月のぼり」製作最盛期

 端午の節句を彩る「五月のぼり」の製作が最盛期を迎えている。小城市牛津町の「城島旗染工」(城島守洋社長)では、従業員らが伝統の手染め技法で、勇壮な武者絵や昇り竜などののぼりを丁寧に仕上げている。

 のぼりは縦7.5メートル、横85センチのサイズが主流。基本はオーダーメードで、顧客の希望を聞きながら絵柄や色合い、家紋、子どもの名前の字体を決める。絵柄は戦国武将や合戦絵巻のほか、辰(たつ)年生まれの子どもが初節句を迎えるため昇り竜が人気だという。製作は7~10日ほどかかり、ピークは4月上旬まで続く。

 城島社長は「今シーズンは250本ほど予定している。子どもさんや家族に喜んでもらえるように気持ちを込めて製作したい」と話した。

2013年03月04日更新
青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工

青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工


この時間のニュース
エジプトでテロ、184人死亡
基礎控除10万~15万円増額へ
札幌で管制トラブル、飛行制限でダイヤ乱れ
囲碁、井山が天元防衛
爆破予告2600人避難、名古屋
清宮選手「大ジャンプで飛躍を」
札幌、イルミネーション開幕
三菱マテ子会社、不正承知で出荷
将棋の羽生、初の永世7冠に王手
中国人、赤外線カメラ不正輸出容疑
この時間のスポーツ
清宮選手「大ジャンプで飛躍を」
スノボW杯、鬼塚と国武が決勝進出
バスケ、日本はフィリピンに敗れる
女子ゴルフ、ルーが首位維持
白鵬、25日にも40度目優勝
金庚泰が単独首位、カシオゴルフ
スキーW杯距離、宮沢は準々決勝敗退
ハリル監督「新選手にもチャンスを」
NFL、バイキングズが7連勝
大相撲、大関高安が2場所連続で休場

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd