佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
高く昇れ 「五月のぼり」製作最盛期

 端午の節句を彩る「五月のぼり」の製作が最盛期を迎えている。小城市牛津町の「城島旗染工」(城島守洋社長)では、従業員らが伝統の手染め技法で、勇壮な武者絵や昇り竜などののぼりを丁寧に仕上げている。

 のぼりは縦7.5メートル、横85センチのサイズが主流。基本はオーダーメードで、顧客の希望を聞きながら絵柄や色合い、家紋、子どもの名前の字体を決める。絵柄は戦国武将や合戦絵巻のほか、辰(たつ)年生まれの子どもが初節句を迎えるため昇り竜が人気だという。製作は7~10日ほどかかり、ピークは4月上旬まで続く。

 城島社長は「今シーズンは250本ほど予定している。子どもさんや家族に喜んでもらえるように気持ちを込めて製作したい」と話した。

2013年03月04日更新
青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工

青空の下、武者のぼりに色を染めつける従業員ら=小城市牛津町の城島旗染工


この時間のニュース
記者説明にCNNなど異例の締め出し
マレーシア、北朝鮮と関係見直し検討
政府、「共謀罪」の対象を5分類
国公立大2次試験の前期日程始まる
NY株、11日連続の最高値更新
柔道、16歳の阿部が最年少優勝
エジプトが北朝鮮ロケット弾を押収
熊本市動植物園が一部再開
京都・北野天満宮で「梅花祭」
リオのカーニバル開幕、不況影落とす
この時間のスポーツ
柔道、16歳の阿部が最年少優勝
25年目のJリーグ25日開幕
イチロー、屋外で練習再開
大リーグ、オープン戦がスタート
米男子ゴルフ、石川55位で予選通過
小平奈緒、世界スプリントへ最終調整
ジャンプ女子の高梨3位、伊藤は銀
カタール卓球、伊藤美誠が8強入り
26日に東京マラソン
体操種目別W杯、白井が床運動で優勝

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd