佐賀新聞社 紙面を見る kijidb-login.png live-login.png
佐賀のニュース
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Deliciousに登録 Twitterに投稿
印刷する 印刷する
トップ |行政・社会 |事件・事故 |経済・農業 |まちの話題
現在地中心に拡張 武雄市長庁舎建て替えで

 武雄市の樋渡啓祐市長は13日、老朽化した市本庁舎について、現在地を中心に拡張して建て替える考えを示した。今後、市長が庁舎問題を議論する市議会特別委員会や庁舎検討市民会議に説明に出向く。この案を軸に検討が進むとみられ、最終的に議会が決める。

 市議会一般質問で明らかにした。市は内部で(1)現庁舎を耐震補強(2)現在地で建て替え(3)移転して建て替え-の3案を検討している。

 市長は、耐震補強はコストがかかる上、市役所敷地の約2割が九州新幹線長崎ルートの買収対象になっており、現実的でないと判断。現在地はまちの中心で歴史があり、「この周辺をエリアに複数の庁舎を建てたい」としている。財源に合併特例債を活用する。

 現在地には庁舎のほか、武雄商工会議所や武雄公民館も集約したい考えで、「単なる市役所機能だけでなく、市民が集まって活用できるものを目指す」と述べた。

 市は4月から、現在の庁舎対策室(3人)を庁舎対策課に格上げして増員する。現在の市本庁舎は1966年4月に完成。鉄筋コンクリート4階建て。

2013年03月14日更新

この時間のニュース
マクロン、ルペン氏決選へ
日米首脳、北朝鮮に挑発の自制要求へ
東芝、主要4事業の分社化決定
東証続伸255円高、3週間ぶり高値
沖縄・嘉手納基地で米軍が降下訓練
佐賀県、玄海再稼働同意を午後表明
「朝鮮人追悼碑」の展示取りやめ
落語家の三遊亭円歌さんが死去
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
新茶初取引、手もみ茶に1キロ百万円
この時間のスポーツ
NBA、王者キャバリアーズ突破
NHLキャピタルズなど準決勝へ
大リーグ、青木のアストロズが首位
陸上、北京五輪銅の高平が引退へ
大リーグ、ダル8回2失点で2勝目
石川遼、大きく崩れて72位
サッカー、バルサがレアルに競り勝つ
カーリング、小笠原・阿部組が初勝利
自動車、佐藤琢磨は9位
テニスの錦織圭、世界ランク7位後退

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd

Copyright(c)Saga Shimbun Co.,Ltd